【泌尿器科の先生が回答】大人の男の「ちょっと出ちゃう」下半身トラブル解決法

「在宅でのリモートワーク中はZoom会議が詰め込まれていて、ゆっくりトイレに行く時間が意外ととれません。会議と会議の合間に慌てて用を足してデスクに戻るのですが、次のZoom会議が始まると同時に残尿が出てしまうことがたびたび。上半身しか映っていないので相手にはバレませんが、股間部分が濡れていたりするので、とてもみっともない状態で会議を続けています。何より気になってしまい、集中できません…」(42歳/会社員)

>>記事はこちら


【泌尿器科の先生が回答】大人の男の「ちょっと出ちゃう」下半身トラブル解決法

「最近、重いものを持ち上げるときに、ちょっと便が出ちゃいます。ゴミ出し、宅配便の受け取り、ウォーターサーバーの水の取り替えなど日々の行動でも常に油断できませんが、なんとかもちこたえていました。ただ、先日、4歳の息子を久しぶりに『高い高い』しようとしたときに、つい気が緩んでちょっと出てしまった…。こんなに重たくなっていたなんて(涙)」(39歳/ライター)

>>記事はこちら


白髪、シワ、肌トラブル…大人の男の顔まわり「ちょっと出ちゃう」をなんとかしたい! PART1

gray hair

朝、髪を整えていると「白髪」を発見。気になって調べたら何本も出てきてた…。どうすれば?

KUBOKIさん(ヘアメイクアップアーティスト)が回答! オシャレに白髪を楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいますが、やはりUOMO世代だと少し早いかなっていう人も。すでに出てきた白髪に関しては白髪染めをすることで若々しい印象になります。チラホラ出てきた白髪は、ピンポイントで白髪を隠せるヘアマスカラでさっと隠しちゃいましょう。ヘッドスパなどの頭皮ケアや育毛剤、トリートメントといった自分に合ったケアで髪の健康をキープするのも大切です。

コレがオススメ

ドクターシーラボ
ボタニカルヘアマスカラ

気づいたときにいつでもどこでも使えるマスカラタイプの部分用白髪隠し。使うたびに染毛料が少しずつ白髪に定着し、だんだん白髪を目立たなくする。10g ¥1,980/ドクターシーラボ

>>記事はこちら


鼻毛、たるみ、シミ…大人の男の顔まわり「ちょっと出ちゃう」をなんとかしたい! PART2

double chin

顔のハリがなくなってきたのか「あごのたるみ」までちょっと出てきてしまった。二重あごに見えるのが苦痛!

KUBOKIさん(ヘアメイクアップアーティスト)が回答! あごのたるみを解消するためにスキンケアに力を入れる人も多いかもしれまんせんが、実はそれが間違いかもしれません。顔と皮膚でつながっている頭皮が原因のたるみもあるんです。指の腹でもみ込むように頭皮をマッサージしたり、ヘッドスパで頭皮ケアすることで顔の表情や血色も変わりたるみが改善されることも。手軽にケアするのであれば、マッサージローラーがオススメ。空いた時間にたるみに直接アプローチできるので便利です。

冨田壮一先生(東京美容外科 銀座院 院長)が回答! メスを使わずにリフトアップやシワ改善にパワーを発揮する、「ソノクイーンハイフ」を。二重あごができるほどのあごのたるみもスッキリさせることができると思います。肌の奥まで超音波を使ったハイフを照射することによって皮膚表面を傷つけることなく、顔のたるみやシワを改善できる機器です。ハイフの照射で人体の創傷治癒作用のスイッチが入り、コラーゲン再生が促され、肌の弾力がアップするメリットも期待できます。

コレがオススメ

リファ
リファモーションカラット

エステの手技を再現した、前後可動式の美容ローラー。肌を深くつまんで流してくれる人気のたるみ対策アイテムだ。防水構造だから、バスタイムにも使える。¥31,350/MTG

>>記事はこちら


フケ、抜け毛…を回避! 40歳からの男の「頭皮SOS」

髪をかき分けてみて赤みやヒリつきがあったら
乾燥しすぎ!

紫外線、空調、洗いすぎ。日常生活のあらゆる要因で起こる最も身近なトラブル。思い当たる人は注意を。

不摂生にビタミンB不足。フケが過剰なら
脂漏性皮膚炎!?

フケの原因となる大きな理由の一つが、皮脂分泌が過剰になった皮膚の炎症。謎が多い悩みゆえ多角的にケアが必要。

抜け毛は抜け毛でも“進行”してたら
即対応が必須

ホルモンの影響が考えられる“AGA”という進行性の場合が多々。とにもかくにも先手を打つのが改善の近道だ。

ベタつきがあるとくさ〜いニオイの原因にもなる

頭皮に触れるとペトッ。オヤジっぽく見える&ニオう原因はこれだったのかも!? 出先での対策を検討すべし。

ただかゆいだけ?それってもしやシラミかも!

子どもの頃によく聞いたあの虫。実はまったく減っていない! 40歳になった今、まだまだ出会う可能性が…。

>>記事はこちら