目立たないけど気に障るちょい白髪…どうすれば?

仲田 祥さん(TEAM UOMO 41歳)
IT系の企業に勤めながらファッションを趣味とし、『UOMO』の誌面にもたびたび登場している仲田さん。テレワークが続き、髪色を大胆に変えてもいいかな? なんて考えていたら分け目にぽつぽつと白髮が…! 年齢が進むにつれ仕事の重圧からのストレスも増えたと実感しているという。


「以前は仕事が多忙でストレスフルな状態だったが、昨今はリモートワークが増え、むしろストレスフリーになった」と話す仲田さん。「ただ、余裕ができたら細かいところにも目がいくようになりました。美容室で本格的に染めるほどではないけど、白髪がちらほら…。若い頃には金や青に染めたこともあったけど、そのツケで痛んできたのかな」と心配の面持ち。それ以外の原因も探るべく日ごろの生活を聞くと…「喫煙者ですが、最近は特に吸う量が増えて、1日1箱。食事は自炊をしないのでほぼコンビニ弁当ですね」とインナーケアのアプローチも必要なことが判明。「現状は目立つわけじゃないので、このまま放っておくのも手だけど、一度気になるとそこにばかりに目がいってしまい、見つけてはブチブチ抜いてしまう。やっぱりどうにかしたい…!」。


改善ポイントとアドバイス!

・自然に色づく高機能ホームカラーでケアしましょう

・禁煙がベスト。難しければ減らす努力を!

・栄養面の不安はサプリメントで補給しましょう

見たところ白髮の本数はまだ少ないので、セルフカラーで十分対応できます。たとえば、シャンプーの後に髪に塗って5分待つだけの「リライズ」などが便利でしょう。髪に負担をかけにくいのも安心です。仕事のストレスが減ったのは、白髪にとってよいことですが、食生活と生活習慣が悪影響を及ぼす原因に。血流を悪くし、活性酸素を発生させるタバコは控えるべきですが、難しければまずは減らす努力を。そして、栄養面もコンビニ弁当だけでは糖質と脂質が過多になりがちなので要注意! 抗酸化のビタミンEや、髪のメラニンを生成する細胞を活性化するというビタミンB12、そしてタンパク質の合成に関わる亜鉛などをサプリで補給することをオススメします。

「黒髪メラニンのもと」という着色成分は、100%天然由来なので、使うたびに髪表面にしっかり定着。白髪を無理に染めるというよりは、自然な黒髪に近づけるアイテムです。ニオイも少なく、頭皮や肌に色がつきにくいのも◎。軽度の白髪であれば、最初は3日間連続で、その後は週に1度ほどのメンテナンスでOK。リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック 155g <ショートヘア約4回分> ¥2,970(花王)

使い方

シャンプーを使って洗髪した後、髪の水気をしっかり切り、適量(ピンポン玉大)のクリームを手のひらに出す(付属の手袋を必ず装着)

もう片方の手を使って、白髪の根元からクリームを塗りこむ。その後、5分ほど放置した後、しっかりすすいでよく乾かしたら完成。


後日

さっそく、まずは3日連続シャンプーの後に実践。ありがちなツンとしたニオイもほぼしないし、乾かしても髪の毛がごわつかないのがいいですね。従来のカラー剤にありがちな、2剤を混ぜ合せるなどの手間もかからず、塗っておく時間も5分と短いので、朝シャンなど夜より時間がないときでもやりやすい。思い立ってすぐに使えるのがいいですね。仕上がりも自然なので、これなら続けていけそうです!


藤村 岳 GAKU FUJIMURA
All Aboutでメンズコスメガイドを務め、テレビ出演や講演、コンサルタントとして活躍。UOMOでは「俺たちBEAUTY TESTERS」を連載。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』がある。DMMオンラインサロンにて、<藤村岳の自分を整える身だしなみ講座>をスタートさせた。
https://lounge.dmm.com/detail/3161/


花王 TEL:0120-165-698

Photos: ITCHY[Steel] Kanta Matsubayashi Text: Gaku Fujimura