01:JJJJound × New Balance 990v3 “Olive”

1982年に発売されたオンロード用の高級ランニングシューズ「990」の11代目として2012年に登場したモデル「990v3」をベースにしたジョウンドとのコラボスニーカー。オリーブを彷彿とさせるダスティーグリーンで覆われたアッパーは、ヌバックとメッシュの組み合わせになっている。クリームカラーのミッドソールにはブラックのNロゴが施されているほか、シュータンには「990v3」を象徴するワッフルパターンを採用。メタリックシルバーのアクセントとともに、通常の「Made in U.S.A.」のネームに代わってヒールに刻まれた「JJJJound」のロゴがコラボの証だ。


>>もっと見る


02:M2002R

2010年に発売されたアジア製復刻版の「2002R」シリーズに、2022年初となる新作「M2002R」が5つのカラーリングで登場。中でも、BEIGE/PURPLEのカラーリングは、ファッション性が極めて高い文句なしの1番人気予想。ベージュのアッパーをターコイズとパープルの差し色でアクティブに演出したカラーリングは即完売必至。価格もこのカラーのみ割高になっている。他にも、「WINERED」「GREEN」「BLACK FIG」「NAVY」の4色が同時発売。若干グレイッシュなトーンが上品かつ優し気な印象を醸し出す。


>>もっと見る


03:NEW BALANCE × atmos MS327ART “Realtree CAMO”

人気モデル「327」をベースにしたアトモスとのコラボモデル「MS327ART」。ストリートでスニーカーを求めるヘッズを森の中で獲物を狩るハンターのイメージで捉え、デザインソースにしており、アッパーには植物を精細に表現したコーデュラ素材のリアルツリーカモを採用した。また、ハンタージャケットに使われるオレンジをスエードオーバーレイであしらうことでアウトドアテイストを演出しつつ、ヒール部分に毛足の長いスエード素材を配することで立体的な表情を生み出している。


>>もっと見る


04:XC-72

ノスタルジックな70年代のランニングシューズをベースに、ビッグロゴやレイヤードスタイル、無骨なソールユニットで印象的にアレンジした「XC-72」。細身のアッパーにフレアソールの今っぽいフォルムが、セットアップからカジュアルまで着こなしの鮮度を上げてくれる。黒のワントーンならゴツゴツしたソールも大人っぽくシンプルに見える。革靴ではなくスニーカーに踏みとどまって、今のパンツのシルエットを楽しみたい人にはおすすめだ。


>>もっと見る



Text:Tetsu Takasuka