樹木を有効活用したサステイナブルなクッキングギア

料理はアウトドアの大きな楽しみのひとつ。おしゃれなクッキングギアを使い、ひと手間かけて仕上げた料理は、自然の中で食べることで美味しさが何倍にも増す。そんなアウトドアクッキングをさらに楽しくしてくれるアイテムが、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行発売中だ。


木材を有効活用した製品を手がける「KUMIKI(クミキ)」が作り出したのは、ウッド素材の「アウトドアスパイスケース」と「カッティングボード」。京都の山道の整備のために伐採され、本来であれば廃材とされていた樹木を再利用したサステイナブルなプロダクトで、アウトドアに馴染む優しい天然素材の風合いも魅力となっている。



「アウトドアスパイスケース」に使用されている素材は、「山桜」と「杉」。山桜は素材をそのまま生かし、杉は表面を焼いて炭化させることで耐久性・耐腐食性を高めた“焼き杉”の状態に加工してある。どちらも積み木のようなミニマルなデザインで、手に持ちやすいちょうどいいサイズ感。角張っているので転げ落ちる心配もなく、パッキングもしやすい。また、無垢材には湿度調節機能が備わっているので、中のスパイスを湿気や乾燥から守ってくれる効果もある。容量は約80g(大さじ5杯分)なので、1泊程度のキャンプには十分な量のスパイスを持ち運べる。



KUMIKI「アウトドアスパイスケース」
一般販売価格:¥3,000
サイズ:H12.5×W4.5×D4.5cm
容量:約80ml


一方、同時に発売される「カッティングボード」には、京都で採られた国産ひのきを使用。普通なら端材となってしまう縁の部分をそのまま使うことで味わいのある見た目に仕上がっている。切り心地が柔らかいにもひのきならではの特徴だ。



KUMIKI 「カッティングボード」
一般販売価格:¥4,600
サイズ:H19×W31×D3cm
容量:約80ml


「アウトドアスパイスケース」と「カッティングボード」、どちらも職人が1つ1つ手作りしており、木目や節などの模様がそれぞれ異なる1点ものの魅力を持っている。また、使い込むほどに経年変化して味わいを深めていくのも天然素材ならではの醍醐味。きっとアウトドアに欠かせないアイテムになってくれるはずだ。





Text:TetsuTakasuka