六本木 「祥端(しょんずい)」のステークフリット

メインはステークフリット。シンプルな味と構成がいい。
肉を食べる日は、それをメインイベントにしたいので、そこに至る過程は必要最低限にしたい。その点「祥端」は、ステークフリットを第一に考えたシンプルなメニュー構成。本場パリの味と言えばハラミが一般的だけど、岩手の短角牛のサーロインなど厳選した約3種の肉から選べるここは、もっと高みにいっている気がします。


  

祥端(しょんずい)

パリの名店「ル・セヴェロ」仕込みのステーキで、熟成肉を使用。揚げ焼きすることで表面はカリッカリ、中はしっとり旨味が凝縮。肉の魅力をダイレクトに味わう。「ステークフリット」100g ¥1,800。

住所:東京都港区六本木7-10-2 2階

TEL:03-3405-7478


梶原由景 僕のゴハン ニクらしいほど、ウマイ肉

第1回 六本木「祥端(しょんずい)」のステークフリット
第2回 四谷三丁目「遊猿(ゆうえん)」の湖南省スペアリブ
第3回 麻布十番「あべちゃん」の牛もつ煮込み
第4回 渋谷「チキンキッチン」の親鶏半羽
第5回 上町「岩崎ホルモン」の豚ホルモン
第6回 池尻「やきとり 児玉」の焼き鳥
第7回 川崎「しまや」の国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー
第8回 渋谷「炭火焼 ゆうじ」のホルモン


Photos:Tohru Yuasa 
Text:Yukino Hirosawa Masayuki Sawada