7.29(fri.) 19:01@Shinagawa >>

金曜夜。周回遅れの原稿を書き終え、
19時01分発のぞみ441号に
飛び乗った。


エディター吉﨑
(左)食生活を改善、順調に痩せ始めたタイミングで今企画を担当。チャーハンほか炭水化物全般好きbut甘党。麦チョコ好き。

カメラマン澤田
(右)今回のバディ。揚げ物、肉などのいわゆる茶色い食べ物を得意とする。メニュー選びは優柔不断。食事中独り言多め。


その②はこちら

7.30(sat.) 17:25 IN 洋菓子・喫茶ボンボン

甘党公言派も隠れ甘党派も…
約束のネバーランド=ボンボン

 ようやくこなれてきたmy腹。東山線から桜通線へと乗り継ぎ、晩メシ前に甘党おじさんコンビが訪れたのは、夢見る洋菓子・喫茶ボンボン。1949年創業。クラシカルにして甘美な古きよき昭和の様式美を真空パッケージしたような趣。平野紗季子的! レトロな配色の外観も看板も店内のステンドグラスも紙ナプキンも…え。きゅんしかないんだけど。

常時30種類あるというケーキメニューは、さすがに半数が品切れ(でも品切れを示す、メニューに貼られたピンクの紙テープまできゅん)。圧倒的ビジュ力のプリンローヤル(アラモード的な)もまさかの「プリン品切れ」につき断念。代わりに頼んだのは、一番人気のマロン。生クリームを優しく包み込むふわっふわのスポンジ、その頂に鎮座なさるはトパーズがごとき輝きを放つ、栗。きゅんonきゅん。ドリンクは当然きゅんりーむ…もといクリームソーダだ。


7.30(sat.) 18:50 IN 大甚本店

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ! 

おれはジョジョに飲もうと
思ったらいつのまにか飲まれていた

 この日の最高気温は実に38度に達していた。汗がダクな二人はいったんホテルでシャワーを挟み、タクで伏見へ。広小路通り沿いにある老舗居酒屋、大甚本店にIN。15時45分の開店と同時に地元の呑兵衛たちが押し寄せる人気店だ。店内は既に満席近い状態。この日いちばんの熱気をはらんでいた。ここでは通常の品書きとは別に、入り口近くの小皿が並んだテーブルから好みの肴を好きにピックアップできる。瓶ビールのアテを、と目移りするのも楽しい。


ゆり根にいぶりがっこ、きぬかつぎ…
焦らず、慌てず、まずはゆっくり

「宵の口」を楽しみたい。
なのに、超人気店であることが

それを許さない。二日目の夜が加速する――。


おっと豚の串が早くも最後の二本なの? 慌ててオーダー。あれよあれよという間に、豚バラ冷しゃぶ、キンキの塩焼き、帆立のフライ、明宝ハム(これ激ウマ!)…と一気にトップギアに(揚げ物&肉過多)。酒もハイボール、レモンサワーを経て、広島県賀茂鶴酒造に特注した樽酒へスイッチ。名古屋の宵に飲まれるのは必定の理っ……! 


7.30(sat.) 20:15 IN 田分一

 はっとわれに返る。時計を見ると、既に数時間が経過したように思えたがまだ20時前。濃密な夜は時間の感覚を狂わせる。手早く会計をすませてタクシーで二軒目へ。郷古さんも行きつけと噂の、田分一(たけいち)にIN。昭和の割烹然としたこぢんまりとした小料理店だ。どんなもんかと暖簾をくぐった瞬間、あ、好きだと直感的に確信。大皿に盛られたおばんざいがずらりと並んだカウンターの向こう側には、人のよさそうな大将と女将さん。

牛すじの旨味がギュギュッと染み出た味噌煮に、箸が止まらぬ肉団子、中までよく染み込んだ茄子の揚げ浸し、鳥肝煮…ただただ思いつくままに注文しては食う。どれもがほっとする家庭的な味わいだ。味つけはやや甘め&濃いめ。ああ、名古屋にいるんだなと実感する。白メシが欲しかったがセーブ。会社の近所に欲しいよ……酩酊。


7.30(sat.) 21:44 IN 味仙 矢場店

名古屋の不夜城featuring台湾。
味仙は這ってでも行くべき

 千鳥ぎみの足で店を出るや「最後は定番で締めたいっすね。いっすか?」と澤田。噓だろまだ食うの? だが拒否権はなさそうだ。20分ほど夜道をそぞろ歩き、味仙 矢場店へ。いやいやもう食えんて、と固辞しながら、青菜炒め&アサリ炒めは果たして胃袋に収まっていた。特にアサリ炒めはピリ辛&アサリの旨味がジュワジュワ出ていて酒が進む。很好吃。

締めは看板メニューの台湾ラーメン。辛さ控えめのアメリカンと通常版があるが通常版をチョイス……あああ悪魔的にうめぇぇえっ~(一夜ぶり二度目)。鶏ガラベースのスープに唐辛子がピリッときいてる。辛!旨!辛…台湾ミンチがまたうめぇぇ~。チェイサー代わりのミニ・チャーハンを挟みつつ、完全カロリーオーバーに振り切った二人は、今夜も今夜とてウェルビーへ吸い込まれていくのだった…。27時就寝。


7.31(sun.) 10:42 IN
コンパル 大須本店

「絶対寝坊しないでね」…って
完璧にフラグだったよね

 最終日の朝。案の定、寝坊する澤田。10時を過ぎて急いで名古屋駅近くの老舗、モーニング喫茶リヨンへ向かうも行列。並ぶ? どうする? 躊躇する瞬間も列は延びる。あのギチギチに四方が圧縮されたホットエッグサンド、食べたかったが断念。

でも俺たちには…そう、コンパルがある。前日の轍を踏むまい(二人で一皿な)、とアイコンタクトで決めたはずが、しっかりそれぞれエビフライサンドとジャーマンカツサンドをキメていた。あ、ああ悪魔的にう(以下割愛)。



ーーーその④へ続く


洋菓子・喫茶ボンボン
住所:愛知県名古屋市東区泉2-1-22

大甚本店
住所:愛知県名古屋市中区栄1-5-6

田分一
住所:愛知県名古屋市中区新栄1-25-1

味仙 矢場店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-6-3

コンパル 大須本店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-20-19


Photos:Kenta Sawada
Title Logo Design:ZUMA