ラム肉のロースト
~サルサソース~

[材料](2人分)

ラムラック6本分(約400g)
にんにく2かけ
タイム6本
無塩バター60g
米油(またはサラダ油)大さじ2
塩・黒こしょう 各適量


〈サルサソース〉

トマト2個
赤玉ねぎ1/8個
青とうがらし1本
にんにく1/2かけ
バジルの葉 3枚
ペッパーソース 小さじ1~ A
レモン汁 1個分
ふたつまみ
オリーブ油大さじ2

[作り方]

①ラムラックは15〜20分室温に置く。脂肪が厚い場合は表面を薄くそぎ落とし、全体に塩をふる。オーブンを200度に温めておく。

②フライパンに無塩バター(30g)と米油を入れ、強めの中火にかける。つぶしたにんにくとタイム、肉を加え、表面全体を焼き色がつくまで焼く。キッチンペーパーでフライパンの余分な油分を拭き取ったら、残りの無塩バターを加える。スプーンで肉に溶けたバターをかけて味をしみ込ませる。すべてを天板に並べオーブンで約15分焼いたら、そのまま10分程度休ませる。

③サルサソースを作る。トマトはヘタを取り、横半分に切る。水分の多い種の部分を取り除き、サイコロ状に切る。赤玉ねぎは粗みじん切りにし、水にさらしてから水気をきる。青とうがらしはヘタを取り、細かく刻む。にんにくはみじん切り、バジルは粗みじん切りに。ボウルに入れ、Aで和える。

④②の肉をオーブンから取り出し、骨に沿って包丁でカットして器に盛る。塩、黒こしょうをふり、③のサルサソース、にんにくやタイムを添える。

KENTO’S POINT

ほかの肉に比べて脂肪を燃焼させやすく、ビタミンやミネラルが豊富なラム肉。今回はラムチョップの塊、ラムラックを使います。塊のまま焼くと、肉汁や旨味が逃げないのでおいしさが倍増するし、焼きっぱなしなので調理もラク。そのままはもちろん、ピリ辛のサルサソースをつけて味変するのもおすすめです。

PLAYLIST
ZAZ「J’ai deux amours」


Kento Nagatsuka
1990年東京都生まれ。4人組バンド「WONK」のボーカリスト。有名フレンチレストランなどで経験を積み、昨年からインスタグラムで料理動画「Kento’s Kitchen」を配信し話題に。今春、ついにYouTubeチャンネルをスタート。


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら



Movie Director: Taro Usuda
Videographer:Takayuki Fujieda
Photos:Toru Yuasa
Hair:Yasunori Watanabe[AWAKE]
Stylist:Makiko Iwasaki
Text:Yukino Hirosawa
Special Thanks:Utuwa