【まずはこれを用意】
フリーザーバッグが活躍!
変わり種を漬ける際は分けて漬ける。

卵のぬか漬け

適度な塩気があとを引くうまさ

ほんのり茶色く色づいて、燻製卵のような見た目だが、ぬかの風味がしっかりと移り、適度な塩味もついて美味。半日~1日漬けるのがベスト。漬けすぎると酸味が強くなり、塩辛くなるので注意。半熟卵でつくるのもおすすめ。


豆腐のぬか漬け

新感覚の豆腐を楽しむ

水切りした豆腐は崩れやすいためラップにぬか床を敷き、その上に豆腐をのせ包むようにして1~2日漬ける。ねっとりとした舌触りの中に感じる、大豆のうまさが絶妙。適度に塩気もあるので、そのままで酒のつまみにも。


白身魚のぬか漬け

しっとりした焼き上がりに

ぬか床に魚の生ぐささが移るので、絶対にフリーザーバッグに分けて漬けること。冷蔵庫で1日漬けた後、焼き上げる。赤身魚より白身魚のほうがしっとりと仕上がり、ぬか漬けにすることで生まれる豊かな風味がつきやすい。


肉のぬか漬け

甘味があって食べやすくなる

肉にぬか床をよくもみ込んでから1日漬ける。漬け終わったら、魚と同様にグリルで焼く。牛肉でも豚肉でも鶏肉でもぬか漬けにすることで旨味が増して、肉が柔らかくなる。ほんのり甘さのあるヘルシーな味わいを楽しめる。



Photos:Hiroyuki Takenouchi
Food Stylist:Chie Mizushima
Text:kinmasataka