大人がはくなら、ロックじゃないブラックデニム

ブラックデニムというと、ロックなスキニーをイメージしてしまうという人にこそはいて欲しいのが、今っぽくリラクシングなこの一本。足元に合わせるのはスニーカーでなく、あえて茶の革靴で。セットアップで着こなせばどこか知的な印象に仕上がる。


パンツ¥28,000・ジャケット¥40,000/キャントン フォー MHL(アングローバル) シャツ¥25,000/オーラリー モックネックT シャツ¥9,000/アナトミカ(アナトミカ 東京) バケットハット¥9,000/CDG(コム デ ギャルソン) デッキシューズ¥66,000/パラブーツ(パラブーツ青山店)


上品な「とろみ素材」との合わせで格上げ!

ラフなウォッシュドデニムの素材感に対して、トップスはとろみのある上品な素材のものを合わせてみる。シャツ+インディゴブルーのジーンズという極めて普通の組み合わせを、この素材のコントラストがあか抜けた印象にしてくれるのだ。


パンツ¥24,000/エムエフペン(1LDK apartments.) バッグ¥10,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) シャツ¥32,000/キャバン(キャバン 代官山店) Tシャツ(2枚組み)¥1,900/フルーツ オブ ザ ルーム(FTLジャパン) スニーカー¥28,000/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室) その他/私物



デニム+白のエバーグリーンな魅力を見直してみる

ジェームス・ディーンの着こなしに代表されるように、白とブルージーンズの相性はいうまでもなく抜群。今、その魅力をコーデに取り入れるなら、真っ白でなく少しスモーキーな白を組み合わせるとなじませやすく、モダンなムードになる。


ジーンズ¥28,000/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) ジャケット¥59,000/ナイスネス(イーライト) Tシャツ¥6,000/LE(レショップ) キャップ¥4,900/カンゴール(カンゴール ヘッドウェア) ハンカチ/私物


’50sなムードのセットアップが今また新鮮です

あえて、デニムをデニムらしくセットアップで着こなしてみるのもいい。一見ヴィンテージのようでありながら、サンローランのそれは絶妙にモダナイズされている。こういう時こそ、ラグジュアリーブランドの力を借りてみよう。


ジーンズ¥90,000・デニムジャケット¥180,000・シャツ¥105,000・T シャツ¥57,000・ソックス¥22,000・ローファー¥90,000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Arata Suzuki Yuka Uesawa Masahiro Sambe Kenta Sawada
Hair&Make-up:Narumi Tsukuba Rumi Hirose AMANO
Stylist:Takeshi Toyoshima Masanori Takahashi Junichi Nishimata Toshihiro Oku
Model:Mads Shinshin Taku Obata Masaki Miura