エディター行方淳さんのオススメは?



#01|ハーフコート ¥12,900

「これは、襟を立てる着こなし前提でのお勧めです。あえてスタンドカラーに変えてこのコートを着てみて欲しい。印象がガラッと変わって、70年代っぽさとブリティッシュテイストな雰囲気を醸し出せるんです。洋服の仕様としても立ち襟用のボタンもちゃんと装備されているので、ルメールさんも想定していたはず。ポケットやアジャスターなど妙に大きめサイズのディテールも今秋冬っぽい。薄ピンクに近いベージュも品を感じさせます」


#02|リサイクル ダウンジャケット ¥7,990

「40歳男子ならば、日頃からファッション感度の高いアンテナを張り巡らせ、同時に環境問題とサスティナビリティへの意識も高めておきたい。その両方をカバーできるブルゾンです。アウターとしてもインナーとしても使えますが、個人的には、カーディガン型なのでVゾーンにシャツやタートルを組み合わせるなどスタイリングを楽しみたいですね。カラーも今秋冬らしいブラウンやオレンジなどの暖色に挑戦してみてはいかがでしょうか」


#03|セルビッジレギュラーフィットジーンズ ¥3,990

「パッと見ではわからないですが、これはデザインされたデニム。セルビッジはもちろん、リベットを排除してコインポケットも主張せずに秘められている。あと、デニム好きならばわかると思いますが、シルエットもテーパードすぎずストーレートでもなく股上の深さも絶妙なんですね。リジッドの濃紺色をスタイリングに取り入れてもらうという確たる意思を感じさせます。パリのデザインセンターならではのセンスなのでしょう」


行方淳 Jun Namekata


UOMO本誌のほかカタログなどでも活躍するエディター。カジュアルからスーツまで専門は幅広く、物腰も柔らか。クリエイターからの信頼も厚い。