COMOLI(コモリ)のデザイナー 小森啓二郎氏を監修に迎え、いつの時代も色褪せないベーシックアイテムを豊富なサイズバランスで展開するL’ECHOPPE(レショップ)のオリジナルレーベル LE(エルイー)から新たに2本のブラックデニムが登場だ。



今回に限り小森氏とともに STABILIZER GNZ(スタビライザージーンズ)の矢實 朋氏も監修に参加し、ブラックデニムの素材開発からリベットやボタンに至るまですべてオリジナルにこだわった肝入りのブラックデニムは、2つのフィットを展開。ベースとなるのは40歳男子にとって懐かしい90’sの匂いがするデニム、そう501だ。

ひとつはベースとなる501と同様の立体的なヒップに適したフィット「TYPE:KK」。もうひとつは日本人に多い平面的なヒップに適したフィット「TYPE:CO」の2タイプをラインナップし、さらに同素材を使用したキャップ、ハット、バッグも登場。90’sを彷彿させる、あの名作のフィットのブラックデニムは6月13日(土)午前11時よりレショップ青山店とBAYCREWS STOREにて発売される。


BLACK DENIM (TYPE KK&CO) 各¥18,000
販売店舗:レショップ青山店、BAYCREWS STORE

レショップ青山店 TEL:03-5413-4714