新旧「ティンバーランド」が揃い踏み!


“40歳男子”ならば1度は触れたことがあるだろう「Timberland(ティンバーランド)」は1973年創業。米国・ニューハンプシャー州ストラザムに本社を構えるアウトドアライフスタイルブランドだ。



メンズ マドバリー ミッド ハイカー シューズ – ウィート ¥13,000

ブランドの大定番は小麦を意味する“ウィート(wheat)カラー”が印象的な“イエローブーツ”。ファッション性も高く、アウトドアからタウンユースまで対応できる万能シューズとして世界的に認知されている。


その定番モデルにインスピレーションを得たエコシューズ「Madbury(マドバリー)」が今秋デビュー。全国のティンバーランド直営店およびティンバーランド公式オンラインショップで発売中だ。



メンズ マドバリー ミッド ハイカー シューズ – ブラック ¥13,000

根強い人気の黒スタイルと合わせるならばブラックもオススメ。普段ばきのスポーツブランドのブラックスニーカーとチェンジするだけで、新生「ティンバーランド」が提案する最旬スタイルへと進化する。


とにかく、従来のイメージを刷新させる幾何学デザインが強烈なインパクト。ブランドアイコンとしてお馴染みの“ツリー”ロゴは健在で、確実に「ティンバーランド」の系譜を継ぐシューズなのだ。



アッパーには、持続可能な皮なめし加工を目的とした国際組織であるレザー・ワーキング・グループ(LWG)認定タンナリーから調達した環境配慮型レザー「ベターレザー」を採用。また、ペットボトルを50%以上使用した独自開発のリサイクル素材「ReBOTL™」をアッパーとライニングに使用し、環境負荷を軽減しつつシューズの透湿性と吸湿発散性を高めている。



まさに、“MY FIRST ECO KICKS.”の称号に相応しい「マルベリー」だが、じわじわとブームの兆しがあるキャンプにも最適。エコの意識まで伴うなど意識が高いスタイリッシュキャンパーになれそうだ。


定番イエローブーツで培った「ティンバーランド」のアウトドアでの信頼感は、進化形の「マドバリー」にも確実に受け継がれている。




Timberland:Madbury
2020年8月発売 / 価格:¥13,000 / 販売店舗:全国のティンバーランド直営店、ティンバーランド公式オンラインショップ
Madbury 特設サイトはこちら
※価格は全て税別です。

Text: Takafumi Hojoh