ジャケットには
デニムがいちばんだ

1

CARUSO for BLANDETの
ツイードジャケット

EDWIN FOR MARGARET HOWELLの
リジッドデニム

王道にひねりを加えた、玄人業のベストマッチ
/カルーゾ フォー ブランデットのツイードジャケット エドウイン フォー マーガレット・ハウエルのリジッドデニム

王道にひねりを加えた、玄人業のベストマッチ

老舗・カルーゾ社のツイードジャケットに、光沢ある14.5オンスのリジットデニム。上下でサイズ感を揃えてネイビーの色をリンクさせた。エルボーパッチのいなたさと、洗練されたリジッドデニムとの対比が今っぽい。

ジャケット¥198,000/カルーゾ フォー ブランデット(ブランデット ショールーム&ストア) ジーンズ¥37,400/エドウイン フォー マーガレット・ハウエル(マーガレット・ハウエル) ニット¥42,900/ヘリル(にしのや) シャツ¥30,800/ユーゲン(イデアス) メガネ¥69,300/テン アイヴァン(コンティニュエ) シューズ¥26,400/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


2


YLÈVEのウールジャケット
SEVEN BY SEVENのブラックデニム

よそ行き感のある上質なリラクシングコンビ

よそ行き感のある上質なリラクシングコンビ

オーバーサイズのジャケット+ワイドデニムのリラックスムード漂うコンビ。サイジングだけでなく、タテ糸とヨコ糸をともに黒で織ったブラックのデニム地と、光沢のあるベージュのウール地を合わせた品のよさがポイント。真逆の素材とカラーの掛け合わせが今どきのバランス。

ジャケット¥82,500/イレーヴ ジーンズ¥28,600/セブン バイ セブン(サカス ピーアール)


3

HEUGNのコーデュロイジャケット
LEVI’S® VINTAGE CLOTHINGの
ウォッシュドデニム

いつものアメカジコンビを現代的にアップデート

いつものアメカジコンビを現代的にアップデート

コーデュロイジャケットにデニムという鉄板スタイルを、今どきのシルエットでたしなむ。ユーゲンのジャケットは、肩が落ちたオーバーサイズ。そこにリーバイス501® Shrink-to-Fit™の細身ストレートを合わせれば、見慣れたアメカジが洗練されて最高のマッチングに。

ジャケット¥101,200/ユーゲン(イデアス) ジーンズ¥35,200/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)


4


AURALEEのストライプジャケット
A.P.C.のワイドフィットデニム

懐かしさあるレトロシックな雰囲気がマッチ オーラリーのストライプジャケット
LENOのルーズテーパードデニム

懐かしさあるレトロシックな雰囲気がマッチ

ワイドテーパードがかった’90年代風のウォッシュドブルーデニム。同じくレトロな雰囲気でマッチするのがオーラリーのシャープな一着。コンパクトな設計で、杢糸で表現した繊細なストライプが上品だ。

ジャケット¥92,400/オーラリー ジーンズ¥30,800/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) ニット¥29,700/カル カットソー¥19,800/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) シューズ¥27,500/サロモン(サロモン コールセンター)


5

WEWILLのテーラードジャケット
LENOのルーズテーパードデニム

オーバーシルエット同士を、知的に着こなす
WEWILLのテーラードジャケット LENOのルーズテーパードデニム

オーバーシルエット同士を、知的に着こなす

ゆったりとしたWEWILLのジャケットは極細のウールを使用したフラノ素材。ワイドテーパードのリノのデニムは’60年代の織り機で仕上げたヴィンテージライクな一本。細かいチェックシャツをタックインすることで、インテリジェントに着こなした。

ジャケット¥78,100・カットソー¥14,300/WEWILL ジーンズ¥31,900/リノ(グッドスタンディング) シャツ¥24,200/ユニバーサル プロダクツ(1LDK) シューズ¥6,600/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


–>
Photos:Arata Suzuki[go relax E more] 
Hair&Make-up:Yosuke Akizuki 
Stylist:Shun Katakai[tsujimanagement] 
Model:Yoshiaki Takahashi 
Text:Takako Nagai