製造工程で出る不良品をアップサイクル

ジーンズは大人のオフスタイルの定番アイテム。しかし、普通の5ポケットジーンズには食傷気味という人も多いことだろう。だが、エドウインが展開する「POWER TO THE DENIM」の第2弾として発売されたリメイクジーンズなら、独創的なデザインで大きな刺激を与えてくれるはずだ。



「POWER TO THE DENIM」はデニムがファッションからメッセージとなった1970年代にフォーカスし、70年代当時のエドウインのアーカイブとともに全4回にわたって限定商品をリリースしていく企画。その第2弾として、アップサイクルによって生まれたリメイクジーンズが登場した。




エドウインは国内の自社工場で年間約200万本ものジーンズを生産しているが、製品化するためには厳しいエドウイン基準があり、生産の過程で一定数の不良品が出てしまう。それらをアウトレットで販売したり、リサイクルデニム「CO:RE」として生まれ変わらせたりしているが、それでも処理しきれないものがある。今回のリメイクジーンズは、それらをアップサイクルしたものだ。1970年代の古着を参考にしながら、すべて手作業でリメイクされており、シルエットもデザインも同じものがない1点ものとなっている。



いち早くサステナビリティを意識していたヒッピーたちのカルチャーを彷彿させるジーンズで個性的な大人のオフスタイルを構築しよう。



REMAKE JEANS
¥41,800〜¥55,000
サイズ:28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 37 (inch)




EDWIN TOKYO HARAJUKU
TEL:03-6447-0330

Text:Tetsu Takasuka