クラシックに潜む反骨精神!


イングランド中東部に位置する「靴作りの町」、ノーサンプトンで1873年に創業した正統派の英国靴「Church’s(チャーチ)」と、故・ヴァージル・アブローが2013年に設立したストリートブランドの「Off-White™(オフホワイト)」(※現名称)が2度目のコラボ。


「チャーチ」が誇るアイコンシューズである「CONSUL(コンサル)」をデザインベースに据えた内羽根仕様の革靴が、6月29日(水)から発売される。



Off-White™ c/o Church’s 第2弾
モデル名:コンサル メテオ
カラー:ブラック
¥220,000



本コラボ「Off-White™ c/o Church’s」の第2弾でデザインベースとして採用された「コンサル」は、1945年に登場した内羽根靴として世界的に有名。


日本語で「コンサル=領事」を意味する名作靴は、イギリスの政治家たちの多くがオックスフォード(内羽根)シューズを履いていたことから名付けられた。


ハイソサエティへの憧れとリンクする「チャーチ」の歴史における重要なマイルストーンが、今回のコラボで新たな境地へと昇華したのだ。



デザインの肝は「流星のディテール」。


これは、故・ヴァージル・アブローが生前に思い描いていた「流星群(Meteor Shower)」のテーマをオリジンとする、ブランドのインスピレーション源でもある。果たして、「オフホワイト」ならではの発想で流星のイメージを「コンサル」と共振させた帰結は、シューズのボディ全体に施された円形の「穴」だった。



(※参考)Off-White™ c/o Church’s 第1弾



ちなみに、本コラボは今回で2回目。今年3月に発売された「Off-White™ c/o Church’s」第1弾のコラボベースとして採用されたモデルは、1953年に発表された名作靴の「Burwood(バーウッド)」。


従来のブラウンスエードからブラックのブラッシュドカーフスキンにアッパーを刷新し、シューズの外側には引用符のモチーフである「Special Events」の白文字がスクリーンプリントされていた。



「チャーチ」の表参道店と公式オンラインストア。「オフ-ホワイト™️」の国内店舗(青山、GINZA SIX)では7月中に発売予定。


ヴァージルの哲学である「Question Everything」(すべてを疑え)に根差した先進的な精神と、英国を代表するシューズブランドの矜持であるクラフトマンシップが融合した本コラボ。確かに高額ではあるが、もう二度と出会えないかもしれない。



メンズシーンの対角線上に属するクラシックとストリートが邂逅した、特異点のような一足。


裾野は広く、幅広いスタイルに足跡を残す最上質のオックスフォードシューズとして、今まで革靴とは縁遠かった大人男子にもお勧めしたい。





Off-White™ c/o Church’s 第2弾
発売日:2022年6月29日(水)
問い合わせ先:チャーチ クライアントサービス TEL:0120-80-1873
Church’s

Text: Takafumi Hojoh