ダブルストラップ対決

履き比べたのは…

津島大地さん  会社員

津島大地さん

会社員

秦拓也さん  BEAMS プレス

秦拓也さん

BEAMS プレス

阪井元さん  ビデオグラファー

阪井元さん

ビデオ
グラファー

青木万希也さん  4k プレス

青木万希也さん

4k プレス


本命
BIRKENSTOCK Milano

ビルケンシュトック Milano

毎日でも履ける快適さは
ビルケンの中でもナンバーワン!
津島大地さん

アリゾナに比べるとやや細身のダブルストラップに、太いヒールストラップが加わり、しっかりと足首までホールドしてくれるミラノ。ストラップと同色のバックルがミニマル。¥12,100/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)


対抗 1
MARGARET HOWELL レザーサンダル

マーガレット・ハウエル レザーサンダル

ハウエルらしい
繊細さを感じられるデザイン
青木万希也さん

薄めのクレープソールに程よい光沢のある牛革を使用したナチュラルな佇まいで、マーガレット・ハウエルらしい世界観を堪能できる。植物由来のタンニンなめしで仕上げられ、履き込むほどに馴染み、自然な経年変化を楽しめるのも特徴。¥41,800/マーガレット・ハウエル


対抗 2
foot the coacher OPEN TOE SANDALS

フット・ザ・コーチャー OPEN TOE SANDALS

クラシックなデザイン。
艶のあるレザーが大人向け
阪井元さん

オープントウサンダルをベースにしながら、甲と踵にアジャストできるストラップをプラス。足にぴったりフィットする履き心地のよさが特徴。ソールは柔らかくて軽いビブラム社のGLOXI CUTを使用。¥35,200/フット・ザ・コーチャー(ギャラリー・オブ・オーセンティック)


対抗 3
SHAKA WEEKENDER KILT

シャカ 厚底NEO BUNGY

見た目のボリュームに反して
軽い履き心地に驚いた 秦拓也さん

南アフリカがルーツのサンダルブランド、シャカ。山地や砂漠に対応するためのナイロンテープやプラスチックパーツを使用しており、ボリュームあるデザインが特徴。そのアウトドア感と、履き心地のよさ、ともに楽しみたい一足だ。¥10,780/シャカ(ブルームーンカンパニー)


A.履き心地

やっぱりビブラムソールは信頼度100%!(阪井)

青木 ビルケンシュトックのフットベッドって人を選びませんか? 個人的には硬くて長時間履けなくて。
 わかります! が、医療用靴でもあるから履いているうちに歩き方が矯正されて痛くなくなるみたいですよ。
青木 なるほど。僕は馴染むまで待てないタイプかも…(笑)。ピタッと足の動きについてきてくれるマーガレット・ハウエルが好みでした。
津島 確かにソールが薄く柔らかい。
阪井 薄い見た目に反して重さはありましたよね? 個人的には、軽いほど楽に感じるのでビブラムソールのフット・ザ・コーチャーがよかった。
津島 同感です。軽いうえに、ストラップを調整してピタッとフィットさせるとインソールが足の裏に吸いついて、まるでスニーカーみたいな歩きやすさ。
 それと同じくらい歩きやすかったのが、シャカ。ソールがぶ厚くて、長時間履いても疲れなそう。

フット・ザ・コーチャーのソールはビブラム社のGLOXI CUTを使用。柔らかくて軽く、アウトドアだけでなく街履きにも適している。


B.合わせやすさ

必要なのは、コーディネートのハズシ役より引き締め役(青木)

 ビルケンが合わせやすいのは満場一致だと思いますが…。
津島 今日の発見でいうとシャカがいいと思いました。アフリカがルーツだからか、ヴィヴィッドな色のソックスと合わせると着こなし幅が広がりそうだし、ボリュームがあってどんなパンツともバランスがとりやすい。
阪井 スポーティに履いてもいいし、モノトーンでシックなスタイリングのハズシにもいいですよね。
 ただしシャカの場合はラフに見えすぎないように注意が必要。スタイリングにモードなエッセンスが欲しい。
青木 その点、マーガレット・ハウエルは足元で上品さを足せるから、Tシャツとショーツで過ごしたい夏には使いやすいと思いませんか? 
津島 なるほど、あえてミリタリーパンツやデニムのタフなパンツと合わせてもいいし、裸足でもソックスでもしっくりきそうですね。

ワイドストラップが特徴のマーガレット・ハウエル

ワイドストラップが特徴のマーガレット・ハウエル。パンツとソックスをブラックでまとめればよりモードな雰囲気で履きこなせる。


C.デザイン

同じブラックでも、足元の印象が大きく変わる(秦)

阪井 シャカはこの中では異色。太いストラップが印象的で、足元にスポーティな存在感が生まれます。ほか3足はすべてブラックかつレザーですが…。
 僕がフット・ザ・コーチャーを1位にしたのはカジュアルさと上品さのバランスが素晴らしいと思ったから。
阪井 タフで厚めのレザーを計算し尽くしたカッティングで仕上げていて、武骨なのに美しい。ワントーンでミニマルなのも現代的です。
津島 ビルケンのミラノもストラップとバックルが同色でシャープに仕上がってます。フットベッドとのコントラストで、カジュアルに分類されるとは思いますが。
 ビルケンとデザインの方向性は似てますが、マーガレット・ハウエルはよりファッション性が高いかも。春夏らしい軽やかさがある。
青木 抜け感があります。ヴィンテージにもありそうな、簡素さが魅力的。

サイドのデザインがモダンなフット・ザ・コーチャー

サイドのデザインがモダンなフット・ザ・コーチャー。トウとサイドとヒールの隙間から、カラーソックスをのぞかせたい。


結果発表

津島大地さん  会社員

津島さんの第1位は
ビルケンシュトック
総合点 4.4


A.履き心地 3.5
B.合わせやすさ 4.5
C.デザイン 5.0

2位 シャカ 総合点 4.2
A 5.0 B 4.0 C 3.8
3位 フット・ザ・コーチャー 総合点 3.5
4位 マーガレット・ハウエル 総合点 3.3

ミラノに合わないパンツはないと思うほど、オールマイティ。ヒールストラップ付きで歩きやすいのはもちろん、見た目もスリッパ感がなく都会的でキマりやすい。リラクシングなスラックスと合わせてもいいし、細身のデニムともすんなりマッチします。

秦拓也さん  BEAMS プレス

秦さんの第1位は
フット・ザ・コーチャー
総合点 4.0


A.履き心地 3.5
B.合わせやすさ 4.0
C.デザイン 4.0

2位 ビルケンシュトック 総合点 3.7
A 3.6 B 3.0 C 3.8
3位 シャカ 総合点 2.8
4位 マーガレット・ハウエル 総合点 2.3

甲の覆われる面積が広く、レザーシューズ感覚で履けるのが気に入りました。重厚感があるので、ビッグサイズのトップスやワイドなパンツともバランスがとりやすそう。見た目は上品ですが、ビブラムソールで歩きやすく疲れにくいのも高得点の理由。


阪井元さん  ビデオグラファー

阪井さんの第1位は
フット・ザ・コーチャー
総合点 4.2


A.履き心地 4.5
B.合わせやすさ 3.5
C.デザイン 4.0

2位 シャカ 総合点 4.0
A 4.5 B 3.8 C 3.5
2位 ビルケンシュトック 総合点 3.9
4位 マーガレット・ハウエル 総合点 3.3

街にもリゾートにも、ちゃんと似合うサンダルって珍しい。ワイドショーツに素足のイージーなスタイリングでも、きれいな印象です。革靴のような佇まいなのに、軽量でインソールが柔らかい足馴染みのよさも特徴。履き心地にも満足です。

青木万希也さん  4k プレス

青木さんの第1位は
マーガレット・ハウエル
総合点 4.5


A.履き心地 4.5
B.合わせやすさ 4.5
C.デザイン 4.5

2位 フット・ザ・コーチャー 総合点 4.2
A 4.5 B 4.0 C 4.0
3位 シャカ 総合点 4.0
4位 ビルケンシュトック 総合点 3.7

断トツの1位でした。武骨な方向性ではなく、優しい表情のレザーが自分好み。全体的に薄手で繊細なデザインがエレガント。履いてみてそのアッパーとガムソールの柔らかさにも驚き。あえて着古した雰囲気のあるタフなデニムに合わせたいです。


「ビルケンシュトック」を
超えるサンダルはあるか? はこちら
▶︎


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi 
Stylist:Masashi Sho
Text:Takako Nagai