01:LOUIS VUITTON|CHRISTOPHER PM

レザーベルトのあしらいが堅牢なハイキングバッグを彷彿とさせる。2004年の秋冬メンズコレクションに登場して以来、ルイ・ヴィトンのアイコンバッグとしてテキスタイルを変えながら展開される「クリストファー PM」。モノグラム・エクリプス キャンバスのブラックと色を反転させたリバース キャンバスの都会的なコンビネーションは2020年から継続展開される人気カラー。



>>ルイ・ヴィトンのバックパックをもっと見る


02:PRADA|BACKPACK

80年代に革新性の象徴として、いち早くナイロンをモードに取り入れたプラダ。トライアングルロゴのついたナイロンバッグは実用性も兼ね備え、メゾンのアイコンとして展開されてきた。中でもこの定番バックパックは、大きすぎず“ちょうどよい”サイズ感と収納の充実ぶりで№1バッグの呼び声が高い。トラッド感のあるネイビーは2022年春夏の新色。



>>プラダのバックパックをもっと見る


03:DIOR|CD DIAMOND HIT THE ROAD BACKPACK

アーカイブを再解釈して現代に蘇らせる名手、キム・ジョーンズ。今季はディオールのアーティスティック ディレクターとして25年以上に渡り活躍したマルク・ボアンが、1974年にデザインした「CD ダイヤモンド」を新たなアイコンモチーフとして新作バッグに。オーガニックテキスタイル世界基準認証を受けたコットンキャンバスにシルクスクリーンで柄を入れることで、奥行きとレリーフ感のある仕上がりを実現。



>>ディオールのバックパックをもっと見る


04:Bottega Veneta|RUBBER BUFFER BACKPACK

ボッテガ・ヴェネタのニューアイコンとして、人々を魅了するラバーシリーズ。研究を重ね、今シーズンはまったく新しい技法でラバーの表情と手ざわりを刷新。ミディアムサイズのコットンのパネルに液状シリコンを注ぎ、触媒作用によって定着させる成形過程で、素材の表面に編み込み模様を再現する。完成したソフトラバーは吸いつくような触感と柔らかさが新鮮だ。



>>ボッテガ・ヴェネタのバックパックをもっと見る


05:GUCCI|OPHIDIA BACKPACK

ダブルGとウェブ ストライプ、グッチのエレメントを凝縮した「オフィディア」は2018年のクルーズ コレクションで登場して以来、ブランドを代表するバッグに。今年3月に登場した新色は、ネイビーレザートリムが印象的。ブルーとベージュのGGスプリーム キャンバスにブルー・レッド・ブルーのウェブ ストライプが、シックで洗練された印象だ。



>>グッチのバックパックをもっと見る


06:BALENCIAGA|ARMY S SPACE BACKPACK

「ARMY」の名で2021年に登場したバッグラインの新作。その名の通り、ミリタリーのMOLLEループシステム&フックを取り入れた機能的なスタイルが人気を集めている。ポーチやアクセサリーなどを取り付けてカスタムできるのも魅力だ。ストリートに精通するデムナらしい発想を、ラグジュアリーに仕上げている。



>>バレンシアガのバックパックをもっと見る


07:MARNI|NYLON BACKPACK

2020年春夏コレクションでも印象的だったロイヤルブルーがカラーブロックであしらわれたバックパック。リリースのたびに完売を繰り返す人気シリーズの最新作だ。発色の美しさと軽さが魅力。厚みのあるデザインが印象的で、フロントにファスナーポケットが配されているだけと構造はいたってシンプル。メインコンパートメントにはポケットなどがないので、ポーチ類で自分流に収納をアレンジしたい人におすすめだ。



>>マルニのバックパックをもっと見る


08:VALENTINO GARAVANI|VLTN NYLON BACKPACK

VLTNロゴのナイロンバックパックがヒット中のヴァレンティノ。取り外しできるショルダーストラップを付けた斬新なアイデアで、ファンを沸かせた。このVLTNプリント入りのナッパカーフスキン製ストラップは、バックパックをクロスボディのように背負えるのはもちろん、アクセサリー的に機能するところが新鮮だ。



>>ヴァレンティノ ガラヴァーニのバックパックをもっと見る


09:FENDI|FENDINESS MEDIUM BACKPACK

時代を映すアイコンバッグを数多くリリースしているフェンディ。2022年春夏コレクションではFFロゴバックルをあしらった新シリーズが発表され、ネクストアイコンになりそうな予感。ナイロンだけのバージョンも展開されているが、おすすめはスエードとのコンビタイプ。フラップとフロントポケットにFFエンボスのスエードが配されるだけで、ぐっとエレガント。カジュアルだけでなくONの場面でも使える表情に。



>>フェンディのバックパックをもっと見る


10:BURBERRY|Logo Print Nylon Backpack

サステナブルなものづくりに取り組むバーバリー。このバックパックは漁網や工業プラスチックなどを再生したECONYL®(エコニール)使用のプロダクト。メインボディをオールブラックにすることで、クラス感のあるルックスに仕上げた。王道のデザインながらサイドにスマートフォンなどが収納できるジップポケットを配するなど、使い勝手のよさは抜群だ。



>>バーバリーのバックパックをもっと見る



Text:Tetsu Takasuka