人気のアレ、着比べてみた!

ポロシャツ

LACOSTE

ラコステのポロシャツ

詰まりすぎない首元。
これが絶妙

ラコステのポロシャツ_襟元

通気性がよくサラッとした着心地のラコステの王道アイテム。シルエット&カラーバリエーションが豊富にあるのもうれしい。¥16,500/ラコステ(ラコステお客様センター)


百々南さん(BEAMS プレス)

百々南さん(BEAMS プレス)

ワニの刺繡はボディと同色で控えめで、落ち着いた大人の雰囲気があっていい。思った以上に肌触りは柔らかかったが、地厚なほうが好きなのでもっと硬くてもいい。着込んでいった後の変化に期待。★★★

渡辺賢史さん(会社員)

渡辺賢史さん(会社員)

MY BEST思ったよりも薄手だけど、これはこれで春夏は着やすくてあり。手持ちの古着と合わせても違和感のないこなれ感はさすが。ラコステが定番として愛される理由がよくわかりました。★★★★

迷ったけど、柔らかい素材のほうが今の気分です


NOAH

ノアのポロシャツ

カジュアルにもキレイめにも。
振り幅のあるポロシャツ

ノアのポロシャツ_襟元

パッと見スタンダードだが、4つボタンによりラガーシャツとポロシャツの中間のようなルックスに。ヘビーウェイトの鹿の子地で、一枚で着てもサマになる。¥17,600/ノア(ノア クラブハウス)


百々南さん(BEAMS プレス)

百々南さん(BEAMS プレス)

MY BESTラコステより硬めで地厚。鹿の子×台襟×ジャストサイズの3つが揃うとおじさんっぽく見えず、着やすい。ボルドーの色合いや、かわいげのあるチューリップのワンポイントも好み。★★★★

一枚で着てもおじさんっぽく見えないポロシャツに出会えました!

渡辺賢史さん(会社員)

渡辺賢史さん(会社員)

4つボタンや台襟付きの首まわりがユニーク。ドレッシーな印象もありながら、カジュアルスタイルにもマッチするラガーシャツライクなデザインは幅広い着こなしに対応してくれそう。★★★★



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Takahiro Idenoshita
Stylist:Masashi Sho 
Text:Sayako Ono