人気のアレ、着比べてみた!

バスクシャツ

quitan

キタンのバスクシャツ

濃淡の異なるグレーの
組み合わせが秀逸!

キタンのバスクシャツ_首元

フランス・バスク地方の街で100年もの歴史をもつカットソーメーカーにて糸の染色から編み、縫製まで一貫して行う。日本の着物から着想を得た、背面の縫い目も特徴的。¥20,900/キタン


津島大地さん(会社員)

津島大地さん(会社員)

MY BEST最近ショップでバスクシャツをよく見ますが、定番色ばかり。こんなグレー×グレーのカラーリングは見たことがなく新鮮! アームホールも太く、一枚で着てもサマになります。★★★★★

襟ぐりが広いキタンのほうがラフに今っぽく着こなせました

中島和弥さん(美容師)

中島和弥さん(美容師)

薄手でロンTのような着心地。ネックの開きは結構広いので、個人的にはタートルネックとか首の高いインナーは合わないと思うし、何を中に着ればいいかちょっと迷いそう。色がいいだけに惜しい!★★★


ETS.MATERIAUX

イーティーエスマテリオのバスクシャツ

スウェットのように
気楽に着られるサイズ感

イーティーエスマテリオのバスクシャツ_首元

程よいオーバーサイズと袖の太さで大人っぽく、品のよい仕上がりに。洗いをかけることで目の詰まりが増し、経年変化が楽しめるバスクシャツ。¥17,600/イーティーエスマテリオ(エディフィス新宿店)


津島大地さん(会社員)

津島大地さん(会社員)

ボートネックって首元の生地が厚く、肌に当たる感じがあんまり好きじゃなかったんですが、これは柔らかくて全然気にならない。バスクシャツをオーバーサイズで今っぽく着られるのも魅力。★★★★

中島和弥さん(美容師)

中島和弥さん(美容師)

MY BEST昔ながらのボーダーのデザインはそのままに、今っぽくオーバーサイズにしているところにぐっときました。襟ぐりが開きすぎず、気軽にスウェット感覚で着られるバスクシャツですね。★★★★★

クラシックなデザインはそのまま、ってところにぐっときた!



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Takahiro Idenoshita(Person) Mitsuo Kijima(Still) 
Stylist:Masashi Sho 
Text:Sayako Ono