「アウトドアのスペックを持ちつつ、デザイン性も感じられるダウンジャケットが好きです。色も自分の中でも重要なポイントで、今年はこのジュゲムのライトグレー。モノトーンベースの服が多いので、今年はアウターで軽さを出したいなと思い、ダウンジャケットは思い切ってこの色に。大正解でした! コーディネートの話はさておき、ジュゲムの素晴らしい点は、表地は撥水ポリエステル、裏地には制電ナイロンを採用。多少の雨は弾いてくれるし、ニットを着たときに起こりがちな静電気対策も万全。エクストリームダウンパーカという名の通り、ダウンはアメリカ、アライド社の1000フィルパワーダウンを封入しています。レトロでいてモダンな、フード一体型のN-2B風デザインも自分のテイストにフィット」

平山洋次さん(ヘムトPR)
身長 175cm
ダウンジャケット:ジュゲム
着用サイズ:L

ニット:ラッピンノット
パンツ:コノロジカ
靴:ヨーク


「世界最高品質の1000フィルパワーダウンだから、中は薄手のニット一枚で外出できます。収納ポケットが充実していて、スマホやイヤホン、財布、キーなど必要なものを全部アウターに整理して入れられるのもこのダウンのよさ。細身のパンツを選んでも、ポケットに何も入れなくいいのでストレスがありません。きょうもラッピンノットのウールジャージーカットソーとコノロジカのシューカットパンツですっきり、都会的なモノトーンコーディネートにまとめました」



「内側左胸には脱着できるポーチ、右裾にはメッシュの大ポケットもついていて、手ぶらで出かけたい自分にはぴったり。持ち物のサイズに合わせてポケットを設計しているから、とても機能的なんですよね。ジュゲムは2020年にスタートしたミニマル&スタンダードな新進ブランド。ライフスタイルに合わせたライン展開をしており、2021年秋冬シーズンからホワイトライン(シーズンライン)がスタートしました。このダウンはホワイトラインの一着です」




Text:Hisami Kotakemori

SERIES

「おしゃれな大人が着るダウン」の記事一覧

【おしゃれな大人が着るダウン#19】着ぶくれしてみえない「黒」。ワイドシルエットの別注「デサント オルテライン」

【おしゃれな大人が着るダウン#18】極薄のナイロン生地で超軽量な「シーピー カンパニー」

【おしゃれな大人が着るダウン#17】これ一着で極寒の冬も問題なし。クラシカルな別注「ピーエイチデザイン」

【おしゃれな大人が着るダウン#16】ライトグレーのカラーでモノトーンの着こなしに軽さが出る「ジュゲム」

【おしゃれな大人が着るダウン#15】グレー一色&ボリュームシルエットで街になじむ「コティ ビューティ&ユース」

【おしゃれな大人が着るダウン#14】ほかにないデザインで差がつく黒ダウン。防寒性も抜群な「エー エー スペクトラム」

【おしゃれな大人が着るダウン#13】きれいめコーディネートに合う迷彩ダウン「ヌナタク」

【おしゃれな大人が着るダウン#12】「それどこの?」と必ず聞かれる、かぶらないポロ ラルフローレン

【おしゃれな大人が着るダウン#11】スウェット上下に羽織るだけでサマになる「サウスツー ウエストエイト」のロング丈

【おしゃれな大人が着るダウン#10】
ザ・ノース・フェイスの「ビレイヤーパーカ」は、オールブラックで街でも使いやすい

【おしゃれな大人が着るダウン#09】デニムやチノと相性抜群の「赤」。カナダグースは最高に暖かい!

【おしゃれな大人が着るダウン#08】「ザ・ノース・フェイス」のヒマラヤンパーカがあれば、初詣も心配なし!

【おしゃれな大人が着るダウン#07】圧倒的な暖かさ。本気登山用の「ヴァランドレ」を街でも愛用

【おしゃれな大人が着るダウン#06】街でもキャンプでも着たい「スノーピーク」の難燃ダウンプルオーバー

【おしゃれな大人が着るダウン#05】毎年即完売。やっと手に入れたオールブラックのザ・ノース・フェイス「バルトロ」

譲れない5つの条件をクリアした「モンベル」のダウンとは?【おしゃれな大人が着るダウン#04】

【おしゃれな大人が着るダウン#03】フランス発「ヴァランドレ」で、苦手だったダウンが好きになった

街でもキャンプでも活躍。ザ・ノース・フェイスのヒムダウンパーカ【おしゃれな大人が着るダウン#02】

【おしゃれな大人が着るダウン#01】黒じゃないほう。アークテリクスをきれいめに着る方法