ラフに着られるサイズで、脱オーセンティック

川辺圭一郎さん(31歳/トゥモローランド PR)
エディションのオーバーサイズのバスクシャツは、ワンサイズ大きめを選んでゆったり着こなしたい。「首元が開きすぎるとバランスが悪くなるので白Tで調整しました」。パンツはマネール、サンダルはソロヴィエール。


モックネックで男っぽく着たい

和田翔太郎さん(29歳/レショップ スタッフ)
「フランス海軍っぽい雰囲気で」。LEのバスクシャツを古着のジーンズとエルメスのブーツで男っぽく着こなした。「ワイドパンツをベルトでキュッと締めて立体感を出しました」。


ワントーンでまとめてみました

高本尚孝さん(37歳/営業)
ウティのビッグシルエットのバスクシャツを主役に、シックにダークトーンでスタイリング。潔く無地を選んだのもナイスチョイス。袖はラフにまくって。ワイドパンツはシード。足元はヴァンズ。


ゆったり感をさらっと出したい

南裕太さん(35歳/会社員)
こちらも同じくウティ。王道のブルーボーダーだが、ビッグサイズをかなりドロップショルダー気味に着こなすことで今っぽさを演出。裾はオーラリーのスラックスにタックイン&ブラウジング。


短パンと合わせるのも気分

毛利匠さん(30歳/会社員)
ピッチ幅の細いバスクシャツはアンデルセン-アンデルセン。マルニのショーツにユッタニューマンのレザーサンダルでカジュアルに振りながらも、上品さをキープ。エンダースキーマのトートもアクセント。



Text:Misato Kikuchi