小笠原諸島発のシンプルなサンダル

真夏の足元に合わせるサンダルはもう決まっただろうか? 高機能なスポーツサンダルや大人っぽいレザーサンダルもいいが、思い切りカジュアルなサンダルで意外性のある着こなしを楽しんでみるのもいいだろう。例えば、PUBLIC TOKYOの”ギョサン”なんかがオススメだ。


”ギョサン”は、小笠原諸島発祥のサンダルで、鼻緒とソールが一体成型されているのが特徴。頑丈で滑りにくいことから地元の漁師に愛用されており、近年ではサーファーや釣り人の間でも人気となっている。中でもPEARLというブランドのギョサンが定番で、カラーバリエーションも豊富なためファッションとして取り入れる人も増えている。



PUBLIC TOKYOでは、そんなPEARL印のギョサンを特別仕様で別注。エアーソールを搭載することで、さらに快適な履き心地を実現した。また、メンズではベーシックなオールブラックに加え、カーキ色ベースのレオパード柄のモデルもラインナップしている。



気軽に履けて、快適なうえ、絶妙なハズしにもなる”ギョサン”。早速、この夏から取り入れてみてはいかがだろう。



AIR SOLE ギョサン
価格:¥9,900
サイズ展開:MENS サイズ 1(25~26.5cm) 、サイズ 2(26.5~28cm)
カラー展開:MENS ブラック/レオパード(カーキ)
※予約商品でお届け予定日は 5 月下旬予定(一部カラーは 6 月上旬予定)





Text:TetsuTakasuka