ミリタリーパンツ × ビーチサンダル

軍パンの男らしさをビーサンの軽さで
中和する

AURALEE MADE
BY FOOT THE COACHER

武骨な軍パンと軽やかなビーチサンダルというのは、実はかなり相性がいい。しっかり素足が見えることによって、オリーブドラブが爽やかに仕上がる。中でも街で履くのにおすすめなのが、オーラリーとフットザコーチャーのコラボ。スクエアトウと繊細なストラップが上品なので、クリーンさが引き立つ。


パンツ¥9,350/プロッパー(プロップスストア) サンダル¥28,600/オーラリー メイド バイ フットザコーチャー(オーラリー) ニット¥59,400/バトナー シャツ¥28,600/ヘリル(にしのや)


シャカパン × リカバリーサンダル

機能性重視で快適さに全フリする

OOFOS
動きやすいシャカパンには、履き心地抜群のリカバリーサンダルを合わせて、快適さを追求した着こなしにまとめるのがおすすめ。ただリラックスしすぎないように、ミニマムなデザインのウーフォスのスライドタイプを選ぶのがベストだ。トップスはシャツを合わせて品のよさも意識しよう。


パンツ¥44,000/ユニバーサルプロダクツ(1LDK) サンダル¥9,680/ウーフォス(アルコインターナショナル) シャツ¥82,500/クリスタセヤ(ビオトープ) 


ショーツ × グルカサンダル

ショーツだってグルカと合わせれば
大人の着こなしに

Paraboot
ショーツにサンダルはともすれば若くなりすぎるので、グルカサンダルで大人らしく引き締めるとちょうどいい。パラブーツの深みのあるオリーブが落ち着いた印象を後押ししてくれる。


ショーツ¥17,600/ワーダー サンダル¥39,600/パラブーツ(パラブーツ青山店) アノラックパーカ¥58,300/ポリプロイド(ライコス) シャツ¥46,200/イートウツ(インコントロ) キャップ¥13,200/キジマ タカユキ×サンスペル(サンスペル 表参道店)


スラックス × スポーツサンダル

スラックスをスポーティにはきこなす

Teva ×
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

スラックスとテバの新作「ハリケーン バージ」を合わせてギャップを楽しむのもあり。ポイントは色数を絞って、ソックスをはくこと。サンダル以外はすべてネイビーで統一。ビューティ&ユース別注のシルバーグレーがアクセントに。


スラックス¥41,800/ユーゲン(イデアス) サンダル¥11,330/テバ×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) カットソー¥26,400/CFCL ソックス¥2,970/ヤーモ(グラストンベリー ショールーム)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Tatsunari Kawazu[S-14](Model) 
Yoshio Kato(Still) 
Hair&Make-up:Narumi Tsukuba 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Model:Hikaru Takakamo