Vol.13

60年の時を経て
あの熱狂が甦る

Meyers Manx 2.0 Electric

メイヤーズ マンクス_デューンバギー_ブルース・メイヤーズ

 1960年代のカリフォルニアのサーフカルチャーが生んだ類い稀なクルマがある。一人のガレージビルダー、ブルース・メイヤーズが考案した「Meyers Manx(メイヤーズ マンクス)」のデューンバギーは、グラスファイバーの軽量ボディに、ビートルの空冷エンジンを搭載したエポックメイキングなクルマだ。単純な発想ながら、ビーチを縦横無尽に走ることを考えた造りと、愛嬌抜群の見た目に加え、エルヴィス・プレスリーやスティーブ・マックイーンが劇中で運転したことで、瞬く間に世界中で大ヒットした。


メイヤーズ マンクス_デューンバギー_フリーマン・トーマス

 そんなアメリカンクラシックのアイコンが、60年の時を経てEVになった。注目すべき点は、テスラをはじめとしたシリコンバレーのテック系EVとは異なり、カリフォルニアの古きよきモーターカルチャーに精通したキーパーソンらに大いに歓迎されていること。デザインを手がけたのは、ニュービートルや初代アウディ・TTでも知られる伝説的カーデザイナー、フリーマン・トーマス(写真手前の人物)。2024年の発売を目標に、まずは来年50台のプロトタイプを用意し、開発チームに選ばれたアーリーアダプターとの共同開発が始まる。

 先日、幸運にもエンジンを搭載したヴィンテージのデューンバギーを東京で数日間ドライブする機会があったのだが、想像を上回る強烈な走りと、見る者を魅了するキャラクターに驚かされた。渋谷で見知らぬ人にハイタッチを求められたのは初めての経験。そんなデューンバギーが新車のEVで買える日がくるとは、想像しただけでもうれしくなってしまう!



メイヤーズ マンクス_デューンバギー_EV
メイヤーズ マンクス_デューンバギー_エンジン

ビートルのエンジンが剝き出しでマウントされていたリアテールは、面影を残しつつスマートにリデザインされている。ビーチバギーではあるものの、最大航続距離は300マイルと十分だ。


メイヤーズ マンクス_デューンバギー_ステアリング

スポーティな3本スポークのステアリング。オリジナルと同じく中央に配置されたメーターは、ナビゲーションなどのインフォテインメントシステムも兼ねている。



メイヤーズ マンクス_デューンバギー_セミバケットシート

ドアはなく、小舟のようにまたいで乗り込む。グリーンの外装色に対し、セミバケットシートにはツイード生地を使用。生粋のカリフォルニア生まれでありながら、どこかブリティッシュな雰囲気を漂わせているところが粋だ。


神保匠吾
1982年福岡県生まれ。オンラインモーターマガジン「DRIVETHRU」ディレクター。学生時代に乗っていたBMW初代3シリーズ(E21)を電動化し、EVライフを実践中。詳しくはhttps://drivethru.jpへ。



Illustration: Tabito Sugiyama
Text: Shogo Jimbo

SERIES

「文化系男子は電気自動車の夢を見るか?」の記事一覧

ポール・スミス_MINI_コンバートEV

ポール・スミスのMINIとひねりの美学【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.14】

メイヤーズ マンクス_デューンバギー_サーフカルチャー

Meyers Manx 2.0 Electric|60年の時を経てあの熱狂が蘇る【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.13】

テスラ_モデルY_5人乗り

TESLA Model Y|ついにテスラからコンパクトSUVがあらわる!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.12】

BMW E21(EV Conversion)|大学時代の愛車がEVとして復活!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.11】

B-ON StreetScooter D17|もしも試着フェス®︎トラックをEVで造ったら…【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.10】

Audi RS e-tron GT|アウディ最強のEVでSF名作さながらの世界へ!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.9】

Hyundai IONIQ 5|気になるヒョンデのEVが上陸!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.8】

TESLA、HONDA e|EVに乗り換えることで見えてきたリアル【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.7】

CAKE Kalk|スウェーデン発の電動オフロードバイク【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.6】

TESLA Model 3|テスラの隠れ機能「キャンプモード」って?【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.5】

TESLA Model 3|テスラの隠れ機能「キャンプモード」って?【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.5】

OZ MOTORS コンバートEV|究極の選択肢。ヴィンテージカーを電動化!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.4】

Mercedes-Benz Concept EQG|9割がEV? 未来が待ち遠しくなるモーターショー【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.3】

Mercedes-Benz Concept EQG|9割がEV? 未来が待ち遠しくなるモーターショー【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.3】

Sony VISION-S Prototype|ソニーに“乗る”? 車載安全技術とエンタメを集結させた究極のEV【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.2】

Sony VISION-S Prototype|ソニーに“乗る”? 車載安全技術とエンタメを集結させた究極のEV【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.2】

京セラ Moeye|最新のEVコンセプトは、クラシカルでハンドルレス【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.1】