●みんなが選んだナンバーワン「ハンドソープ」はコレ!●

Austin Austin

パルマローザ & ベチバー ハンドソープ

英国生まれのオーガニックブランド「オースティン オースティン」。整肌、保湿成分のアロエエキスを配合した泡立ちのいいハンドウォッシュが堂々1位。豊富な栄養をもつ香り高い植物オイルが手だけでなく鼻にも心地よい処方に人気が集まった。300㎖ ¥3,500/オースティン オースティン(doinel)


広がる香り、軽い泡、触れたくなる仕上がりの肌。これぞ理想」(医療関係/石井貴大さん)



「さらっとしているのにしっかり洗えている感覚が好み。泡切れもよく値段も手頃。デザインもほかにはない感じだし、見えるところに置いておきたい」(Forma shoe salon オーナー/上田正樹さん)



流したあとも香りが手にちゃんと残るところが決め手。肌がすべすべになった感じも心地よくデザインもグッド」(百貨店勤務/柳成龍さん)



Miller Harris

ティー トニック ハンドウォッシュ

プッシュしてジェル状のソープを手のひらに出した瞬間から、茶畑を彷彿とさせるようなすがすがしい香りが立ち込める。ふんわりと泡立ち、肌を柔らかくするビタミンB5が潤いをキープしながら清潔に保つ。香り高いハンドウォッシュなら手洗いの時間すら楽しくしてくれる。300㎖ ¥3,500/ミラー ハリス(インターモード川辺 フレグランス本部)


はじめに立ち込めた香りが使用後もちゃんと残る。ボディクリーム感覚で使える」(ユナイテッドアローズ ウィメンズPR・パフューム&コスメティックス バイヤー/橋本悟さん)



「毎日使うものだからこそ好みの使用感にプラスして香りやテクスチャーなど使用中の心地よさも欲しい。それを満たしてくれるハンドウォッシュだった」(男性美容研究家/藤村岳さん)



水でもしっかり泡立つ。ソフトで気持ちよく、男子ウケもよさそうな落ち着いたティーのような香りが毎日使ってもいい感じ」(HEMT PR ディレクター/平山洋次さん)


OFFICINE UNIVERSELLE BULY

ユイル・ドゥ・サヴォン フルール・ドランジェ・ベルカンヌ

オイルのような感触でありながら植物性界面活性剤の高い洗浄力を兼ね備えた手元にも身体にも使えるソープ。乾燥肌、敏感肌をソフトにさっぱり洗い上げ、肌はしっとり。置いておくだけでも気分の上がるボトルは、付属のノズルを装着すればポンプ式になり使いやすい。190㎖ ¥5,600/オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(ビュリージャパン)


香水のように鼻に抜ける品のよい香りで、日常の手洗いがランクアップする!」(トゥモローランド PR/杉山耕平さん)



「オイルのようなリキッドだけど、洗い上がると肌はしっとり。フレッシュな香りは心を癒やすだけじゃなく、気持ちをシャキッとさせてくれます」(システムエンジニア/小池義浩さん)



泡立ちはほかに比べて控えめ。でも、肌に吸いつくように、優しく汚れを落としてくれている感じがして好印象」(ユナイテッドアローズ ウィメンズPR・パフューム&コスメティックス バイヤー/橋本悟さん)


ecostore

ハンドウォッシュ レモングラス

みずみずしいリキッドタイプで、さっぱりと泡切れ抜群。ニュージーランド原産の「ハラケケ」という保湿力の高い植物由来成分を配合し肌をいたわりながら手指洗浄が可能。たび重なる手洗いが増えた今の時代にもマッチする逸品。大容量サイズのボトルは100%リサイクル可能な素材を使い環境にも配慮。425㎖ ¥880/エコストア(エコストアジャパン)


仕事中、油を触ることが多いが、よく落ちるし控えめな香りも飲食時にいい!」(belts オーナー/國領浩樹さん)



「実は洗濯用洗剤もエコストアを愛用中。環境に配慮しているブランド理念も好きだし、このハンドウォッシュは天然由来成分なのに泡立ちがよく、洗浄力も適度に高く普段使いにベスト」(トゥモローランド PR/杉山耕平さん)



泡立ち&泡切れどちらも満足。急いで手洗いをしてもヌメッとすることなく程よくキュッと。仕事にも取りかかりやすい」(Forma shoe salon オーナー/上田正樹さん)


Curél

泡ハンドウォッシュ

泡で出てくるタイプのハンドウォッシュで、子どもから大人まで使いやすい。無香料、低刺激で肌に優しく、健やかな肌状態に必要なセラミドを守りながら、雑菌や汚れを根こそぎオフ。同ブランドのハンドクリームにも配合されている保湿成分も入っているため、手肌への負担も抑える。[医薬部外品]230㎖ ¥420(編集部調べ)/キュレル(花王)


泡がもっちりしているので時短になる。手軽だけど成分に妥協していない点がいい」(百貨店勤務/柳成龍さん)



「気負わず使える手頃な価格のものは、手洗いの機会が増えた今、とても重宝する。無駄に香らない無香料というのも買いたくなるポイント。自宅だけではなく、シーンを選ばずに使えるはず」(医療関係/石井貴大さん)



子どもと一緒に使えそう。家にいるときも手を洗うタイミングは多いので、何度洗っても脂分が取られすぎないこれは優秀」(SiiKA ヘアスタイリスト/早坂光雄さん)


参加メンバー

医療関係/石井貴大さん
職業柄、手元を清潔に保つことを常に意識。仕事中は医療用製品を使うことが多いが、普段はスタイリッシュなものを実際に足を運んで探しに行くことも。気に入ったブランドはライン使いが基本。



Forma shoe salon オーナー/上田正樹さん
靴など革製品の修理を手がけるため脂分を奪われることも多く、特に冬は指先が切れることも。常用のハンドクリームを切らしてしまったときは、オーガニック成分配合の靴クリームで賄うことも…。



百貨店勤務/柳 成龍さん
美容大国、韓国出身ということもあり美容感度が高い。普段はアルコール度数の高い除菌スプレーを持ち歩き、こまめな保湿も。香りたつアイテムが好きで、嗅覚に働きかけるものを選ぶ傾向にあり。



HEMT PR ディレクター/平山洋次さん
洋服に触れることが多い仕事柄、手指が乾燥しやすく、ベタつきの少ないハンドクリームや除菌グッズを好む。家族のいる自宅では、安心感を重視したケアグッズを、職場では見た目を重視して選ぶ。



男性美容研究家/藤村 岳さん
美容連載でも歯に衣着せぬコメントで美容アイテムを的確にジャッジ。自宅ではいろいろな場所にハンドクリームを置き、保湿は欠かさない。ニューノーマル時代突入前からハンドケアはお手のもの。



ユナイテッドアローズ ウィメンズPR・パフューム&コスメティックス バイヤー/橋本 悟さん
フレグランスへの飽くなき探求心のもと、自身の香水コレクションは数知れず。自社のハンドケアグッズの開発にも携わるため、作る側の目線にも立ち、今回も外から中身まで抜かりなくチェック!



トゥモローランド PR/杉山耕平さん
ファッションのみならず、美容にも精通。成分や香料、テクスチャーやコスパなど、さまざまな角度からアイテムを見極め、自分にマッチするものを探し当てる審美眼をもつ。今回も玄人目線でトライ!



システムエンジニア/小池義浩さん
IT関係ということもあり、オフィスでも自宅でもPCのキーボードを使った入力作業が多い。屋内作業とはいえ、冬は指先が乾燥しやすくなるため、ベタつかないハンドクリームが欠かせないそう。



belts オーナー/國領浩樹さん
都内で飲食店を数店舗経営。自身も厨房に入るが、仕込みや皿洗いはもちろん、近頃の頻繁な消毒により手荒れが悪化。これを機に、自分だけでなく従業員の手元ケアについても考えたいと意気込む。



SiiKA ヘアスタイリスト/早坂光雄さん
ヘアカタでおしゃれなスタイルをたびたび提案してくれる人気のヘアスタイリスト。手洗いや除菌の機会がいっそう増えたことで、シャンプーを繰り返しても荒れなかった手が初めて荒れ、困惑中…。


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi
Text:Mariko Urayasu