高価で、体型も異なるアメリカ人がはいていた中古ジーンズが抱えていた難点を解消すべく誕生したブランドEDWIN(エドウイン)。そして、創業以来、さまざまなスポーツ分野において日本のアスリートを支える商品開発に力を入れてきたスポーツメーカーのMizuno(ミズノ)。日本を代表する老舗ブランドが再びタッグを組んだ。

第1弾の“ザ・デニム”な装いのスニーカーが好評を博し、このたび第2弾の発売が決定した。

今回のコラボレーションモデルのベースとなるのは、1970-80年代の体育館シューズをモチーフに生み出されたモデル「MIZUNO SCHOOL TRAINER」。アッパー前足部とヒールタブにエドウインのロングセラージーンズ「インターナショナルベーシック」と同生地のデニムを織り交ぜた仕様となっている。

カラーは、オールブラックとホワイト×ブルーの2色を用意。両ブランドの職人技が存分に詰まった同モデルも第1弾同様、スニーカー好きの心を掴んで離さないだろう。


photo
photo
photo
photo
photo
prevnext
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

EDWIN×Mizuno SCHOOL TAINER
価格:¥18,480
カラー:ホワイト×ブルー、ブラック(全2色)
サイズ:23.5cm、24.5cm、25.5cm〜28.0cm、29.0cm



エドウイン・カスタマーサービス TEL:0120-008-503
https://edwin.co.jp/