私たちが試しました!

猪野正哉さん/アウトドアプランナー

猪野正哉さん/アウトドアプランナー

キャンプ歴5年。アウトドアプランナーであり“焚き火マイスター”としても知られる存在。年間100日は焚き火をしている強者。

近澤一雅さん/スタイリスト

近澤一雅さん/スタイリスト

キャンプ歴12年。関連メディアに引っ張りだこの、阪神タイガース大好きスタイリスト。年の半分はキャンプ場に滞在している。

秦拓也さん/BEAMS プレス

秦拓也さん/BEAMS プレス

キャンプ歴ゼロ。ビームスのプレスとして多忙のなか参戦。初心者目線で、キャンプ場でのワーケーションを想定してレビュー。


CHAIR

ハングアウト ニーモ イーノ キャンプ 椅子

キャンプ時間の大半は座って過ごす。なるべく身体への負担が少なく快適に過ごせるものを選びたい。

AHang Out

ハングアウト キャンプ 椅子

Model:BF Directors Chair
Size:W55㎝×H80㎝×D47㎝
Weight:4.5㎏

普段は「ハイ」、焚き火は「ロー」で(猪野)

ハングアウト キャンプ 椅子 収納時

愛知県にある家具メーカー弘益が手がけるディレクターズチェアは、ハイとローの2段階に高さを変えられる仕様。背面と座面は撥水加工が施されているため、水辺の近くなどでも気にせず使用できる。¥22,000/ハングアウト


猪野正哉さん/アウトドアプランナー

“焚き火台はチェアの高さに合わせて選ぶべし”と初心者の方に教えていたが、これならどんな焚き火台にも対応可。ちなみに目線が低いローのほうが焚き火がきれいに見えます。(猪野)

秦拓也さん/BEAMS プレス

ミリタリーテイストなインテリアとして普段使いしたくなる。折りたたみは複雑かと思いきや意外に簡単。また帆布は張りがあり、ワーケーション用のチェアとしても快適です。(秦)


 キャンプ 椅子 座った時

肘掛けがあることでよりリラックスできて、長時間、座っていてもストレスフリー。


BNEMO

ニーモ キャンプ 椅子

Model:STARGAZE RECLINER LUXURY
Size:W92㎝×H112㎝×D68㎝
Weight:3.3㎏

モデル名どおり、これで星空を眺めたい(秦)

ニーモ キャンプ 椅子 収納時

2002年にアメリカで誕生したニーモ。後ろに寄りかかるだけで背もたれが自然な角度で倒れるオートリクライニング機能を搭載。ヘッドレストもついているため安定感抜群。¥29,150/ニーモ(イワタニ・プリムス)


近澤一雅さん/スタイリスト

心地よく揺れることでハンモックに座っているような感覚…人をダメにする(笑)。リクライニングするにはしっかり力を入れて寄りかからないと動かないから、安心して体重を預けられる。(近澤)

猪野正哉さん/アウトドアプランナー

フレームを組み立てるだけの簡単設計。華奢に見えるが、耐荷重が130㎏を超えるので、安心して身を任せられる。オットマンを組み合わせて使ってみるのもありかも。(猪野)


ニーモ キャンプ 椅子 座った時

ハイバックに体重をかけるだけで自動的に背もたれが倒れてくれるオートリクライニング機能。


CENO

イーノ キャンプ 椅子

Model:Lounger™ DL Chair
Size:W81㎝×H94㎝×D58㎝
Weight:2.1㎏

ハンモックのように全身包み込んでくれる
(近澤)

イーノ キャンプ 椅子 収納時

ハンモックで有名なアメリカのノースカロライナ州発のアウトドアブランド。そのノウハウを落とし込んだチェアはコンパクトだが身体を深く包み込む。クッション性ある肘置きで、座り心地抜群。¥20,900/イーノ(サンウエスト)


近澤一雅さん/スタイリスト

同メーカーのハンモックを持っていますが、それと同じように身体を優しく包んでくれる。座ると身体に沿ってフィットするので、体重が分散してラクな姿勢をキープできる。(近澤)

秦拓也さん/BEAMS プレス

頭まですっぽり収まる大きさなのに、ここまで軽いとは…。持ち運びも便利! 2WAYで、脚をたたんで低くすると座椅子に座っているような感覚。ヘッドレストもふかふかで気持ちがいい。(秦)


イーノ キャンプ 椅子

脚をたたんだり、はめたりするだけで2段階の高さに調節可能。カップホルダーがつくのも便利。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Videographer:Atsushi Tanizawa
Photos:Kanta Matsubayashi 
Hair&Make-up:KEIKO 
Stylist:Kazumasa Chikazawa
Composition&Text:Masaya Ino