繊細さと武骨さを兼ね備えた秀逸なローテーブル

スタイリッシュなインテリアを実現したいなら、部屋のシンボルとなるようなインパクトのある家具を1点置くといい。空間に変化が生まれ、インテリアがより印象的になるはずだ。ノーチェがリリースしたローテーブルなら、インパクト抜群なうえ高級感もたっぷりだ。



ローテーブル SEPC-223Mは、ひとめ見たら忘れられない個性を備えている。ケーキのピースを組み合わせた寄木細工のような繊細なデザインもさることながら、丸っこく可愛いフォルムも目を惹きつける。



1つ1つ手作りされた工芸品で、天板は中心から放射状に広がる線やマンゴーウッドの天然木の素材感が魅力となっている。繊細に作られてはいるが、木目が無骨さも感じさせるので、カフェ風でナチュラルな雰囲気だけでなく、ブルックリンスタイルやインダストリアルデザイン、カリフォルニアモダンなど、ハードめなテイストに合わせることも可能だ。



存在感たっぷりでありながら、他の家具との相性も抜群。このクオリティで6万円を切るコスパの高さにも注目だ。



ローテーブル SEPC-223M
¥59,800
サイズ:幅75.5×奥行75.5×高さ35.5cm
素材:マンゴーウッド天然木





ノーチェ
URL:https://www.noce.co.jp/


Text:Tetsu Takasuka