コラボロゴをシートとベースにレーザー刻印

スタイリッシュなチェアが1脚あるだけで、インテリアの雰囲気は大きく変わる。フリッツ・ハンセンとフラグメントがコラボレートして生み出したアルネ・ヤコブセンの名作ドットスツールなら、限定発売なので特別感もひとしおだ。



フリッツ・ハンセンは新しいマテリアルと技術で名作家具を誕生させてきたデンマークの家具ブランド。一方、フラグメントは言わずと知れた藤原ヒロシ氏率いるデザインプロジェクトだ。そんなハイレベルなものづくりを続けてきた両者がタッグを組んだのだから、コラボチェアの完成度の高さは圧倒的だ。



コラボチェアの最大の特徴は、上質なヌバックレザー張りのシートとベースにほどこされたコラボレーションロゴのレーザー刻印。アルネ・ヤコブセンのドットスツールの歴史の中で初めてのことだという。それにより、本来のミニマルな雰囲気はそのままにモダンな印象にアップデートされている。また、ブラウンとブラック各150脚限定で、座面の裏にはシリアル番号入りの記念プレートが付くというスペシャル感も所有欲をくすぐってくる。



数多くのコラボレーションを行ってきた藤原ヒロシ氏だが、家具は今回が初めての試み。争奪戦が予想されるため、欲しい人は発売に備えておくべし。



¥44,000
発売日:2022年9月1日12:00〜
販売店:FRITZ HANSEN TOKYO 店頭販売のみ
限定数:ブラック150脚、ブラウン150脚 ※お一人様、各色2脚(計4脚)まで





フリッツ・ハンセン ジャパン
URL:https://www.fritzhansen.com/ja/


Text:Tetsu Takasuka