歴史あるストーブのデザインを踏襲

冬場のキャンプで近年、注目を集めているアイテムがポータブルガスストーブだ。コンパクトなサイズ感でありながら、カセットガスをセットするだけで周囲をしっかり温めてくれる優れもので、多くのキャンパーたちから支持されている。しかしながら、デザインにこだわったモデルはまだ少ないのが現状だ。そんな中、センゴク アラジンが手がけるポータブルガスストーブは、味わい深いデザインでキャンプサイトをおしゃれに演出するのに一役買ってくれる一台となっている。


センゴク アラジンは、歴史あるイギリスのストーブブランドであるアラジンとその製造を手がける日本のメーカー「千石(Sengoku)」の技術を融合させて新たに誕生したブランド。アラジンの優れたデザイン性を踏襲しつつ、身近で使いやすいプロダクトを展開している。ポータブルガスストーブもそのひとつで、90年以上の歴史があるアラジンの石油ストーブのデザインをコンパクトにアレンジしたレトロでかわいいデザインと圧倒的な暖かさで人気を集めている。



そんなセンゴク アラジンのポータブルガスストーブに、この度、和歌山県のアウトドアショップ、オレンジの別注モデルが登場した。特徴的なのは、「Gloss Grey(グロスグレー)」と名付けられた限定カラー。自然の風景にも馴染むシックなカラーリングが絶妙で、独特のツヤ感を生み出す特殊ホーロー加工をほどこすことで高級感と清潔感も備えている。



11月11日(木)から「Orange オンラインショップ」で、一般予約販売が開始されたが、限定生産品のため、予約上限数に達し次第、受付を終了する。欲しい人は早めにチェックしておくべし。



Sengoku Aladdin × Orange 別注 ポータブルガスストーブ
価格:¥37,400
サイズ:W32.0×D33.5×39.0cm
重量:約 5.7kg





Text:Tetsu Takasuka