教えてくれた「通なアウトドアショップ」は
mountain mountain factory

mountain mountain factory
貴重なビンテージから希少なガレージブランドまで、店主が普遍的でカッコいいと思うギアのみをセレクトする名古屋の人気ショップ。通称MMF。お客の好みをヒアリングして、最適なスタイルを提案する丁寧な接客も評判だ。オーナーの山口さんは人気ガレージブランド集団「M16」を束ねる業界のキーマン的存在。

住所:愛知県名古屋市昭和区白金2-14-5


おすすめのソロキャンプ道具01~テント編~

photo
photo
photo
prevnext

ヒルバーグ ニアック ¥115,500

これを買っておけば、もう目移りしない

テント界の王様的地位を築いているヒルバーグの中でも、最軽量・最小収納サイズを実現したモデル。1.5人用サイズなので、ソロで使うには完璧なサイズ感だ。バイクキャンプやバックパックでのソロキャンプに相性抜群。

「もはや普遍的な人気を誇るヒルバーグ。これを買っておけば、次々に出てくるおしゃれな新幕に目移りすることもありません」(MMFオーナー・山口さん)


おすすめのソロキャンプ道具02~ファニチャー編~

photo
photo
prevnext

NORAs サイドテーブル ¥35,200~

サイドテーブルの決定版

細部まで美しさにこだわり、オールハンドメイドで仕上げたサイドテーブル。高さが2段階調整(33cm→39cm)でき、収納もコンパクト。天板サイズ約50×43cmはソロにはちょうどよいサイズ。素材はオークとウォルナットの2種類。

「ビンテージテーブルを彷彿とさせるデザインは、おしゃれな大人男子を演出してくれます。アルミなどメタルパーツが多いキャンプギアに木のぬくもりをプラスするのがポイントです」(山口さん)



おすすめのソロキャンプ道具03~焚き火台編~

photo
photo
photo
prevnext

MMF MMFB ¥49,500

焚き火好きオーナーが作ったこだわりの一台

市販の40cm薪がそのまま入る大きさで、五徳と組み合わせれば焚き火調理も可能なオーナー渾身の焚き火台。左右のハンドル部分は風向きに合わせて位置調整できるだけでなく、五徳の高さ調節としても利用できる。

「パーツ点数が10点と多めですが、組み立て儀式も大人の嗜み。使用シーンに合わせてさまざまな形に変形する、男心をくすぐる製品です」(山口さん)


おすすめのソロキャンプ道具04~ライト編~

photo
photo
prevnext

ゴールゼロ ライトハウスマイクロ フラッシュ ¥4,200~

手のひらサイズの頼もしい相棒

昨今の爆発的な人気で入手困難な状況が続いているLEDランタン。USB充電式で最大170時間の点灯が可能で、明るさも最大150ルーメンあるので、ソロには十分。さまざまなサードパーティと組み合わせることで、おしゃれにカスタムを楽しむことも。

「ソロキャンプに広範囲の明かりはいらないので、これを2~3個持っておくのがベストです。転売価格は高いので注意して下さい(笑)」(山口さん)


おすすめのソロキャンプ道具05~収納ケース編~

photo
photo
photo
prevnext

MMF×TOSHO DELTA/MT ¥15,400~

鎮座するだけかっこいいアルミコンテナ

クルマやガレージが大好きなオーナーが、収納にもこだわりたいということで企画したアルミコンテナ。完全防水ではないが、パッキンが付いているのでキャンプ中の雨程度ならへっちゃら。Sサイズ(30L)、Mサイズ(46L)、Lサイズ(82L)の3サイズ展開。

「シルバー、グリーン、コヨーテ、チャコールの4色展開ですので、クルマのカラーや自宅のインテリアに合わせてお選びいただけます」(山口さん)



mountain mountain factory
https://mmf.tools/

Text:Tadayuki Matsui