A三菱電機 三菱ブレッドオーブン TO-ST1-T

上下フラットヒーターと独自の密封断熱構造で、食パンのもつ水分や香りを逃さず焼き上げるので、ミミまでふんわりとした食感に。まるで焼き窯から取り出したよう! 冷凍食パンやフレンチトーストもバランスよく焼き上げる。カット数と焼き色を選ぶだけの操作性や、プレートを拭くだけの簡単お手入れもグッド!(オープン価格)/三菱電機お客様相談センター

力石恒元さん(デジタル家電ライター)
一枚一枚焼き上がりを待つという、食パンを愛でている時間が幸せ〜。蓋を開けたときに理想の焼き具合に歓喜しながら、外サク中ふわの食感にまた感動してしまう!

かじがや卓哉さん(家電芸人)
食パン一枚サイズという発想が面白いし「最高のパンを食べてもらいたい」という作り手のこだわりを感じる。

綾 瞳さん(会社員)
パンの厚みを示す枚切りと好みの焼き色を選べばトースト完了! すごく簡単。焼き加減を見守る心配がないので、朝の準備をしながら最高の状態のパンが食べられる! デザインも小さくぽってりしてかわいくて、好きです。


Bバルミューダ BALMUDA The Toaster

究極のおいしさを求めて、手軽に使える5つのモードを用意。5ccの水を入れるだけで、スチームテクノロジーと温度制御により、それぞれのパンをベストの焼き上がりと食感に仕上げる。「トースト」は表面カリッと中ふんわり、「チーズトースト」はチーズの水分を残したまま絶妙な焦げ目をつけるなど、朝から最高のパンに舌鼓! ¥25,850/バルミューダ

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)
焼き時間によって食感が変わるので、2分、3分と時間を変えてみましたが、カリカリ度は変われどもっちり感は変わらなかったのに驚きました。家族も大喜び!

コヤマタカヒロさん(エディター)
ホテルの朝食バイキングに置いてあるように、簡単に使えてウマいは正義なんです。

梶原由景さん(LOWERCASE クリエイティブディレクター)
リベイクするトースターといえばこれ。普通の食パンでも格段においしくなりますね。箱根のハイアットに滞在した際、レストランにも2台置かれていて性能は折り紙付き。

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)
メーカーがこだわったパンごとのモードが本当に見事です。食べてみたらすぐわかりますが、表面と中のバランスがよくて、焼きたての香りも素晴らしくて、より食欲をそそる。パン好きの人は絶対持っておいたほうがいい! 


パン好き綾瞳さんが焼き比べてみた
「自宅にバルミューダを持っているので両方焼いてみました。バルミューダはスチームでふんわり(左)、ブレッドオーブンはカリッとしっかり焼ける印象でした」


アイテムを試用した参加者

遠藤慎也さん(インテリア・プロップスタイリスト)

雑誌・広告をはじめ、店舗ディスプレイや空間コーディネートを手がける。家電にも一家言アリ。

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)

敏腕プレスであり、小学6年生の娘と5歳の息子をもつパパとしての目線から家電をジャッジ。

かじがや卓哉さん(家電芸人)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

綾 瞳さん(会社員)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

力石恒元さん(デジタル家電ライター)

過去に家電系媒体での編集経験をもつ。家電量販店で最新アイテムを見て過ごす時間が幸せ!

コヤマタカヒロさん(エディター)

多くのデジタル&家電媒体で執筆。家電の魅力を伝える「家電スタジオ・コヤマキッチン」を主宰。

尾方孝司さん(ライター)

家電はもちろんジャンルレスにさまざまな雑誌や広告に携わる。取材経験をもとに試用フェスに参加。

藤山哲人さん(テクニカルライター・プログラマー)

人気番組「マツコの知らない世界」に7回登場。雑誌やラジオでも活躍する家電業界きっての情報通。

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)

家電を中心に書籍やウェブメディアで執筆。エンタメとテックをつなげるコンサルタントとして活躍。

梶原由景さん(LOWERCASE クリエイティブディレクター)

衣食住に精通し、自身が魅力的だと感じるプロダクトを具現化。その審美眼でシロモノ家電を見る。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi
Text:Hisamoto Chikaraishi Kohji Ogata