A象印マホービン 
圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-LA10

かまどで揺らぐ炎を複数の底IHヒーターで再現した炎舞炊き。従来品(2019年NW-KB型)では3つだった底IHヒーターを、6つに増強。対角線上の2つのIHヒーターをローテーションで同時加熱させて釜の中で激しい対流を作り出し、かまどで炊いたようなふっくらとした大粒のご飯に炊き上げる。(オープン価格)/象印マホービンお客様ご相談センター

綾 瞳さん (会社員)
100を超えるメニュー数はただただ圧巻。僕はかための食感が好きなので、いろいろと試しながら微調整してこだわりたくなる。家族内で好みが違っても安心ですね。

藤山哲人さん(テクニカルライター・プログラマー)
IHと相性がいい鉄素材にアルミとステンレスを組み込んで「蓄熱性」「発熱効率」「熱伝導」を高めた内釜になっています。釜のふちを特に厚くして熱が逃げるのを防ぐことで、よりお米が立つように炊き上がるんです。

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)
温度を管理して水分の蒸発を防いで、40時間までおいしく保温できる。忙しい人は、一度に炊いておくのも手!

尾方孝司さん(ライター)
お米はもちろん、産地や季節に合わせて121通りの炊き方からベストを選べる「わが家炊き」機能がすごいですね! 今日は“ややもちもち”とか、気分や献立によって炊き上がりを選ぶお米の新しい楽しみ方を教わりました。


Bバーミキュラ バーミキュラ ライスポット

メイド・イン・ジャパンゆえの優れた品質がかなえた、高気密の鋳物ホーロー鍋を炊飯鍋としてリプロダクト。鍋炊きで頭を悩ます火加減は、専用のポットヒーターが自動調整。炎が鍋を包み込むかまどのような加熱を指先一つでまかせられる。素材の味を引き出す鍋炊きだから、旬の具材を使った炊き込みご飯もお手のもの。¥87,780/バーミキュラコールセンター

かじがや卓哉さん(家電芸人)
おいしいご飯を食べたい人はまず選択肢に入れるべき。粒がしっかりしたお米が炊き上がり、カレーやチャーハンにぴったり。断然私の好みのご飯です!

コヤマタカヒロさん(エディター)
個人的に、電気炊飯器の中でいちばんおいしいご飯を炊けると思っています。しゃっきり感とみずみずしさのバランスが優れた炊き上がりという印象。出来上がりを食べると、かまどで炊いたお米のように美味なんです。

力石恒元さん(デジタル家電ライター)
味は甘みがあって抜群! 保温できないので、食事の時間が分かれる家族は工夫が必要。

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)
炊き上がって蓋を開けた瞬間、お米のいい香りがキッチンに広がってびっくりしました。食べてさらにびっくり。お米はいつもと一緒なのに、甘みがギュッと凝縮されているように感じました。保温機能がない潔さもデザインと合っていて好きですね。


アイテムを試用した参加者

遠藤慎也さん(インテリア・プロップスタイリスト)

雑誌・広告をはじめ、店舗ディスプレイや空間コーディネートを手がける。家電にも一家言アリ。

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)

敏腕プレスであり、小学6年生の娘と5歳の息子をもつパパとしての目線から家電をジャッジ。

かじがや卓哉さん(家電芸人)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

綾 瞳さん(会社員)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

力石恒元さん(デジタル家電ライター)

過去に家電系媒体での編集経験をもつ。家電量販店で最新アイテムを見て過ごす時間が幸せ!

コヤマタカヒロさん(エディター)

多くのデジタル&家電媒体で執筆。家電の魅力を伝える「家電スタジオ・コヤマキッチン」を主宰。

尾方孝司さん(ライター)

家電はもちろんジャンルレスにさまざまな雑誌や広告に携わる。取材経験をもとに試用フェスに参加。

藤山哲人さん(テクニカルライター・プログラマー)

人気番組「マツコの知らない世界」に7回登場。雑誌やラジオでも活躍する家電業界きっての情報通。

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)

家電を中心に書籍やウェブメディアで執筆。エンタメとテックをつなげるコンサルタントとして活躍。

梶原由景さん(LOWERCASE クリエイティブディレクター)

衣食住に精通し、自身が魅力的だと感じるプロダクトを具現化。その審美眼でシロモノ家電を見る。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi
Text:Hisamoto Chikaraishi Kohji Ogata