Aダイキン工業 加湿ストリーマ
空気清浄機 MCK70X

プラズマ放電の一種であるストリーマ放電により、有害物質を酸化分解する。従来機に比べて2倍のユニットを搭載し、有害ガスの分解スピードや脱臭フィルターと組み合わせた脱臭効果が2倍に! 0.3ミクロンの微小な粒子を99.97%除去するTAFUフィルターは10年交換不要でケアも簡単。うれしい加湿機能付き。(オープン価格)/ダイキンコンタクトセンター

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)
連携するスマホアプリで、PM2.5、ホコリ、ニオイの汚れが6段階で表示されるので、いつでも部屋の空気の質をチェック。外出先からオン・オフや風量、加湿の設定もできて便利です。

コヤマタカヒロさん(エディター)
加湿機能付きを選ぶなら日本メーカー。中でもダイキンは業務用空調の高いシェアをもっていて、ストリーマを軸にした性能も信頼できる。初めて使う人なら、稼働して数時間後にキリッとした空気に気づくと思います。

かじがや卓哉さん(家電芸人)
加湿フィルターに小林製薬の「KOBA-GUARD」で抗菌処理をしていてより衛生的。


Bブルーエア Blueair Protect 7770i

花粉やダニ、PM0.1よりも微細なウイルスレベルの超微粒子、0.03ミクロンまでの有害物質を99%以上除去。室内のホコリやニオイ、空気質指数、フィルターの使用率を、本体上部のタッチスクリーンで視覚化。117㎡(70畳)まで対応するハイスペックながら、場所を取らないサイズ、デザインがうれしい。¥157,080/ブルーエアサービスセンター

梶原由景さん(LOWERCASE クリエイティブディレクター)
空気汚染が激しい中国のアメリカ大使館に過去、導入されたこともあり、空気清浄力は断トツ。機能を追求した結果のデザイン性の高さも素晴らしいですね。でも、ウチにはデカいかな(笑)。

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)
ショップに置いても活躍してくれると思います。ボタンの凹凸がないタッチスクリーンは、洗練されたユーザーインターフェイスで操作するたびに気分を上げてくれますね。空気の汚れ具合を表す空気質指数を5色のLEDで表現してくれるのもいい。

綾 瞳さん(会社員)
8畳を4分できれいにする力は圧倒的ですね。ニオイも取ってくれるので、澄んだ空気を感じる。


Cシャープ 加湿空気清浄機
KI-NP100

プラスとマイナスのイオンをもつプラズマクラスターを、5万個/㎤の濃度で放出。花粉などの服への付着を抑制する。また、0.3ミクロンの粒子を99.97%以上集塵する静電HEPAフィルターを採用。「プラズマクラスターパワフルショット」運転で、洗えないソファやカーペットの“ニオイ”や菌を消臭・除菌!(オープン価格)/シャープ お客様相談室

藤山哲人さん(テクニカルライター・プログラマー)
加湿機能がある場合、水を入れるタンクも大事なジャッジポイント。これはタンクの奥まで手が入るほど間口が広いので洗いやすいし、しっかり立つ作りになっているので給水もラク!

力石恒元さん(デジタル家電ライター)
小さな粒子を捕まえる集塵静電HEPAフィルターと高性能の脱臭フィルターは10年交換不要。しかも、その手前でホコリをブロックするプレフィルターは自動で掃除するなど未来的! 空気清浄機の進化を目の当たりにしました。

尾方孝司さん(ライター)
静電気体質ですが、ドアでバチッとならず驚き。プラズマクラスター、本当にすごい!


アイテムを試用した参加者

遠藤慎也さん(インテリア・プロップスタイリスト)

雑誌・広告をはじめ、店舗ディスプレイや空間コーディネートを手がける。家電にも一家言アリ。

平山洋次さん(HEMT PR ディレクター)

敏腕プレスであり、小学6年生の娘と5歳の息子をもつパパとしての目線から家電をジャッジ。

かじがや卓哉さん(家電芸人)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

綾 瞳さん(会社員)

家電製品総合アドバイザーの資格をもつ家電芸人兼税理士。著書『スゴいiPhone12』が発売中!

力石恒元さん(デジタル家電ライター)

過去に家電系媒体での編集経験をもつ。家電量販店で最新アイテムを見て過ごす時間が幸せ!

コヤマタカヒロさん(エディター)

多くのデジタル&家電媒体で執筆。家電の魅力を伝える「家電スタジオ・コヤマキッチン」を主宰。

尾方孝司さん(ライター)

家電はもちろんジャンルレスにさまざまな雑誌や広告に携わる。取材経験をもとに試用フェスに参加。

藤山哲人さん(テクニカルライター・プログラマー)

人気番組「マツコの知らない世界」に7回登場。雑誌やラジオでも活躍する家電業界きっての情報通。

小口 覺さん(家電ライター/コラムニスト)

家電を中心に書籍やウェブメディアで執筆。エンタメとテックをつなげるコンサルタントとして活躍。

梶原由景さん(LOWERCASE クリエイティブディレクター)

衣食住に精通し、自身が魅力的だと感じるプロダクトを具現化。その審美眼でシロモノ家電を見る。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi
Text:Hisamoto Chikaraishi Kohji Ogata