完売続出の人気ランタンスタンド

キャンプで使う明かりとして、ここ数年台頭してきているLEDランタン。燃料がいらないし、扱いが楽で安全。小さいのに明るさも十分とあって、最近では燃料式のランタンを持たず、LEDランタンだけで過ごすというキャンパーも増えてきている。

LEDランタンは普段使いにも便利で、枕元においておけば読書灯にもなるし、リビングの間接照明としてもちょうどいい。本当に便利で優秀なギアなのだが、定位置が決まりにくいという悩みも多い。


そんなときに重宝するのが小型のランタンスタンドだ。アウトドアガレージブランド38exploreがデザインと設計を手掛けた「ZEROPOD38」は、KURIHARA TAKUMI名義で昨年末にリリースして以来、完売が続出している人気のモデル。随所にこだわりが満載で、キャンパー垂涎のギアとして話題を集めている。

デザインのモチーフとなっているのが、ゴールゼロの小型LEDランタン「ライトハウスマイクロ(写真右)」だ。このランタン、キャンパーの間では複数持ちがあたりまえの大定番商品で、売れに売れているモデル。その特徴的なシルエットをそのままランタンスタンドに転用したセンスはさすがだ。

アルミの削り出しで作られたボディは適度な重量があり、高級感もある。ボディの中に3本のジョイントポールが収納されているので、使用する時はここから必要な分(長さ)を取り出して組み立てていくという構造だ。



設置の方法は2パターン。ひとつがクランプを使って、テーブルの端(厚さ4cmまで対応)などに挟んで固定する方法。ジョイントポールの本数を変えることで、ライトの高さを調整できる。

もうひとつが、3本のポールを三脚のようにセッティングして、デスクなどにそのまま設置する方法。頻繁に移動したり、手元を照らしたいときなどは、このスタイルが便利だ。

近日発売のオプションで、さまさまなランタンに対応

似たような用途のランタンスタンドは安価なギアも出回っているが、ポールがふらついたり、ネジのかみ合わせが悪かったりと、納得できる代物は少ない。「ZEROPOD38」は日本の職人が手掛けているだけあって、ふらついたりすることもない。佇まいもシュッとしていて、インテリアにもよく馴染む。

使用に関しては注意点がある。現状、ゴールゼロのライトハウスマイクロを接続する場合は、ジョイントするパーツとして別途「ZEROCAP38」が必要となるので、写真のような組み合わせをするのであれば合わせて購入しておこう。

近日中には「ZEROPOD38」の純正オプションとして、ハンガーフックもリリースを予定。これを使えば、ゴールゼロのLEDのランタンはもちろん、好きなものをぶら下げることができるので、ますます使い勝手の幅は広がりそうだ。

アウトドア用に購入したLEDランタンが、普段は使わずに収納しっぱなしという方。このスタンドがあれば、自宅でのレギュラー化も間違いなしだ。





38explore
ZEROPOD38
価格:¥13,750
https://www.38explore.com/
製造元:栗原精機
販売元:Dekitech

Text & Photographer:Tadayuki Matsui