埋蔵金の「+J」、まだ買える!


2022年もいよいよ大詰め。今秋冬の「UNIQLO(ユニクロ)」をダウンジャケットで振り返ると、レギュラーラインのシームレスダウンコートやそのロング丈などは、すでに名作ダウンの呼び声が高い。


加えてコラボ特別コレクションでは、「ユニクロ アンド JW アンダーソン」でウルトラライトダウンが、直近では12月9日(金)に発売された「ユニクロ アンド マルニ」でもウィメンズのカラフルなツートンカラーのダウンジャケットとダウンベストが発売されている。




この期に及んでどのダウンを購入すべきか未だに迷っている優柔不断な大人男子も多いかもしれないが、さらにダメ押しの埋蔵金ダウンを発見。


それはなんと、昨年の2021年末に第二章の最終節を迎えたはずの「+J(プラス ジェイ)」。懐かしい響きの2021年秋冬商品が数点、ユニクロ公式オンラインストアで発売中なのだ。しかも、最終セール中!




この「埋蔵金」は公式オンラインの奥深く、滅多にオススメにも上がってこない。掘り当てる方法は簡単で、トップページの「見つける」に「+J」と入力するだけ。「プラスJ」でも「ぷらすじぇい」でも辿り着く。


ちなみに、ユニクロの特別コレクション「+J」第二章の最終節は2021年11月12日(金)に発売。研ぎ澄まされたミニマルデザイン揃いで、ユニクロでは「+J」しか買わないという意識の高い大人男子もいたほど。中でもダウンは人気アイテムだった。






①ダウンオーバーサイズパーカ


¥5,990(※SALE)



ここで注意点。


「+J」の在庫販売は公式には大っぴらにアナウンスはされていない。オンライン販売のみで、サイズはXSと4XLなど両極端なオンライン限定サイズである。ごく稀に、大型店舗の店頭で他のダウンに紛れて「+J」のダウンを見かけたという情報もあるが未確定。


そしてもう1つ、「特定のアイテムにランダムに在庫が投入されている」という、ユニクロでは極めてレアケースの販売スタイルが挙げられる。これが厄介。




具体的に言うと、「昨日はブラックの4XLがあったが今日は在庫ゼロ状態で、代わりにネイビーが投入されている」。そしてまた、「2時間後に再入荷していた(※注:2日後ではなく「2時間後」である)」など。カラーはもちろんサイズに関しても同じ状況だ。


おそらく、世界中に展開しているユニクロの倉庫内や実店舗での棚卸の際などに、たまたま発見された商品だったりするのだろう。



いずれにせよ、極めて少量の在庫量でいつ枯渇するかも不明。フィルパワー640以上の「ダウンオーバーサイズパーカ」も、「ブラックの4XL」が11月と12月だけでも入荷と在庫切れを複数回繰り返している。


購入には「出たとこ勝負・即断即決」が求められる。ダウンジャケットの候補が増えたと喜んでいるだけの優柔不断な大人男子にとっては、そもそも無理難題であるに違いない。これは「狩り」なのだ。






②ライトダウンジャケット


¥4,990(※SALE)




同じくフィルパワー640以上の「ライトダウンジャケット」はオーセンティックなフォルムが魅力。「ブラックとネイビーのXS」は常に在庫があり、たまに「ブラックとネイビーの4XL」が出現、「ブラックの3XL」の目撃情報もあり、存在はまさに、はぐれメタルだ。


この形はそもそもがダウンの最終到達点のようなものであり、最終節から1年の間にユニクロや他のアウトドアブランドでも数多く登場。今になって見直すと、「+J」で買っておけばよかったかもしれない。






③ウールブレンドオーバーサイズシャツジャケット


¥4,990(※SALE)




最後に、1年経った今になって再評価されている商品が「ウールブレンドオーバーサイズシャツジャケット」。「ブラックとネイビーの4XL」が在庫アリ。


ポリエステルの袖裏と内ポケットが付くアウター感覚のカバーオール型ニット。ビッグサイズの4XLが買えるとは願ってもないチャンスだ。




真冬はインナー使いで春先はアウター活用するなど着回しも容易。前秋冬も今秋冬も特にカバーオールのトレンドはなかったかもしれないが、単色なのであって損はないだろう。両色買っても1万円未満だ。


泣く大人も黙る黒地に白抜きの「+J」のタグは今見ても惚れ惚れ。「良いものは良い」というファッションの真理を思い起こさせてくれる。



狙い目の4XLサイズに関しては本当に神出鬼没。夢か幻か、在庫アリの際に「カートに入れる」をクリックすると本当に入っているが、そのまま60分が経つとカートから外れて完売サインになってしまう。


まるで、オンラインの回遊をサイトの裏側から見張られているような気さえする。1年経っても未だ衰えない「+J」のブランドパワーには恐れ入る。





上掲画像は2021年10月に公開した「+J」試着ルポより。編集部員が様々なアイテムを試着した。


本稿の拡散は最小限に留めておいたほうがいいのかもしれない。埋蔵金は、本気の洋服好き大人男子の間だけで山分けしたいところだ。




UNIQLO
+J 2021年秋冬コレクション
検索:+J

Text: Takafumi Hojoh