今秋冬の「+J」、第2弾は12月3日(金)発売!


おそらくこれが第二章の最終節。「UNIQLO(ユニクロ)」の特別コレクションの筆頭である、2021年秋冬の「+J(プラスジェイ)」、その第2弾のデリバリー詳細が明らかになった。


気になる商品内容は、真冬に特化したアウターが中心。11月12日(金)の発売初日に大部分はデリバリー済みだが、見逃せないマストバイアイテムが第2弾に存在する。



ユニクロ公式サイトより。メンズ2型、ウィメンズ4型の計6アイテムが、「+J」の第2弾入荷分となる。


肌寒くなってきた矢先、メンズのダウンジャケット2型のラインナップは嬉しい限りだ。


そこで、第1弾の発売を前にプレスルームで行なった試着取材の写真ストックから、第2弾に該当するものをピックアップ。購入の参考にして欲しい。



プレスルームでの最速試着取材時も、ダウンアイテムの数々は注目の的になっていた。


既に11月12日の初日に発売済の「ダウンオーバーサイズパーカ」を手に、「このミドル丈ならば、冬はこれ1着でOKです!」とT野プレス。


もちろん、第2弾入荷分のダウンジャケットも編集部員はチェックしていた。「あのロング丈ですか? 真冬はあれ1着でOKです!」とT野プレス。




ダウンオーバーサイズコート ¥19,900



注目のメンズ入荷第2弾、その1アイテム目はヘビロテ必至の「ダウンオーバーサイズコート」だ。


ブラックとネイビー、そしてグレーがかったベージュの3色展開。ロングダウンは昨年の秋冬にも登場したが、今秋冬の「+J」ではマットな素材感になり、シルエットとディテールをマイナーチェンジしている。



フィルパワー640以上のタウンユース。中わたの素材構成はダウン90%・フェザー10%の配合比。表地の裏側に樹脂コーティング加工を施し、雨水をはじく耐久撥水機能もプラスしている。スペックからもこれからの冬の雪の日の活躍が期待される。


機能面もさることながら、ボタンやジップなど付属や仕様までボディカラーで統一。単なる防寒衣料の域を超えた、カラーコーディネートも可能なファッションアイテムとしての立ち位置であることがわかる。これぞ、「+J」。



さっそく試着するY神。


箱根駅伝やベンチコートを想起させた昨年の「+J」のロングダウンとの違いを誰よりも早く体感!


Y神:シュッとしとる。


Aラインまではいかないものの、今秋冬は長辺二等辺三角形のような美麗フォルムにモデルチェンジ。膝下まで温かい、冬のアンカーダウンだ。



Y神:フードを取り外したら、後ろの襟に「+J」のエンボスプリントが隠されていたよ。おしゃれ。


そして、昨年の秋冬よりもファッション性が高いとされる証左が、裾に施されたスリットジップ。全開して、ダウンの裾を揺らしながら街を闊歩したい。




ライトダウンジャケット ¥9,990



入荷第2弾の2アイテム目はショート丈の「ライトダウンジャケット」。ミニマリズムの極致だ。


先のダウンオーバーサイズコートとは着丈とボリューム感、そして価格もまったく違うので、どちらを購入すべきかについては即決できるはず。



ロングダウンと同じ、フィルパワー640以上のタウンユース。見た目以上の保温効果が期待できるほか、雨水をはじく耐久撥水機能もある。


コンパクトなダブルジップ仕様で、コーディネートではインナー使いも可能。グレー、ブラック、ネイビーに、写真のブラウンを加えた4色展開だ。



プレスルームには、ネイビーのライトダウンジャケットのインナーに、同じくネイビーのドライスウェットハーフジップパーカを差したコーディネートがあった。


ソリッドなネイビーに奥行きが出る。シンプルかつ良質なダウンジャケットを狙う大人男子にお勧めだ。




ダウンショートコート ¥19,900(WOMENS)



以上、メンズの入荷第2弾はダウン2型だが、ウィメンズの第2弾にも注目。「ダウンショートコート」はオンライン限定のXXLサイズがある。


カラーはブラックのみで、モッズコートのような見た目は“文化系ミリタリー”にフィットしそう。



プレスルームでも、「このモッズダウン、メンズで欲しい!」の声が挙がっていた。


さあ、「+J」のラストを飾る第2弾の発売日は、今週末の12月3日(金)。実店舗とオンラインサイトを徹底的にチェックして、真冬に備えよう。




UNIQLO:+J 2021年秋冬コレクション
発売日:【第1弾】2021年11月12日(金) 【第2弾】12月3日(金)
+J 特設サイト

Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh