01:DIGAWEL × F/CE.

photo
photo
photo
prevnext

¥60,500/F/CE. https://fce.tools/
DIGAWEL http://digawel.com/


寒い冬には手放せないダウンジャケット。アウトドアブランドのハイスペックなモデルもいいが、ファッションブランドならではの一着も選択肢に加えてみたい。今シーズンで3度目となるディガウェル(DIGAWEL)とエフシーイー(F/CE.)のコラボダウンは、文化系な大人が選ぶべき一着だ。今回リリースされるのは、昨年第2弾としてリリースされ好評だったモデルの素材違い。表情のあるリサイクルウールを使用し、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすくなっている。


袖口幅や身頃裾を大きく取った今っぽいシルエットも、ファッションブランドならではのこだわり。ビッグシルエットのトップスや、ワイドパンツとの相性も抜群だ。カラーはネイビー、グリーン、オレンジの全3色展開。文化系な大人にぴったりの本コラボ。来たる寒い冬に向けて是非手に入れたい。




02:EDIFICE × N-HOOLYWOOD

photo
photo
photo
prevnext

¥66,000/ベイクルーズ公式サイト http://www.baycrews.co.jp/


昨年大好評だった、エディフィス別注のエヌハリウッド「IVY’S PACK」の続編。レトロなデザインながらモードな雰囲気も漂う、他にはないダウンベストだ。 ’70年代にはフランスのアウトドアブランドにアメリカンなブレザーやボタンダウンシャツ、リーバイスのデニムなどを合わせて着るトレンドが、日米仏で同時に起こっていた。 そんなヘビーデューティーなスタイルをオマージュ。アメリカントラッドをベースにアイビーテイストをミックスし、モードな解釈でエヌハリウッドのコレクションラインのアーカイブをアレンジして誕生したのが本作だ。


前と後ろで長さを変えた裾や、ポケットのデザイン、縫い目のないネックのディテールは’70年代オマージュのレトロデザイン。発色の良いイエローと、普段のコーディネートに合わせやすいブラウンとブラックの全三色展開。どれにするか迷ってしまう。間違いなく冬のコーディネートの主役になるダウンベスト。本格的な冬到来を前にゲットしておきたいアイテムだ。



03:NANO universe × Beats per minute

¥46,200/ナノ・ユニバース http://www.nanouniverse.jp/



¥38,500/ナノ・ユニバース http://www.nanouniverse.jp/


今年から発足したナノ・ユニバースのゴルフレーベル「Beats per minute」への別注アイテムは、スポーツシーンからタウンユースまで対応する汎用性の高い2型のダウンをラインナップ。



04:NANO universe × MANASTASH

¥42,900/ナノ・ユニバース http://www.nanouniverse.jp/


マナスタッシュは、リバーシブル仕様で左袖にナノ・ユニバースの刺繍ロゴを配しているのがポイント。




05:NANO universe × SCHOTT

¥74,800/ナノ・ユニバース http://www.nanouniverse.jp/


ショットとのコラボではヨーク部分に牛革の切り替えを採用してブランドらしさを演出し、フードはすべてブラックにカラーパターンを変更。利便性を考慮してパッチポケットをファスナーの玉縁ポケットに変えるなど、細部までこだわっている。




Lead text:Tetsu Takasuka