冬本番。ダウンが欲しい。


グローバルブランドの「UNIQLO(ユニクロ)」は、まさに2022年秋冬シーズンの佳境。通常展開されているレギュラーラインの最終デリバリーが整った。


そこで今回の試着ルポでは、プレスルームで選んだ10型のダウンジャケット(中綿入りを含む)を吟味。全10モデルの保温力を、10段階のレベル順でわかりやすく並べてみた。これは購入の参考になる!



モデルは本誌でもお馴染みの松本雄司


松本雄司:お店では商品量に尻込みしてしまいます。ダウンジャケットも欲しいですが、その前にダウン購入のためのガイドブックが欲しいところです。


これは時間のない大人男子の一般的感想だろう。全世界の多種多様なニーズと趣味趣向に対応する膨大な商品バリエーションを前にすると、確固たる決断力がないと購入まで至ることができないのだ。




言わば、これはダウンの沼。


高品質過ぎてどれを買ってもそれなりの正解になってしまうため、本企画では軸を「暖かさ」に特化する。さあ、ダウン10品目の試着ルポ、スタート!









Lv.1

ウルトラライトダウンベスト


(ワイドキルト) ¥4,990


あたたかさ ★☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆



今秋冬の「ユニクロ」で先鋒を担うダウンアイテムが、「ウルトラライトダウンベスト」。着こなしに手軽に1枚加えるカジュアルなダウンだが、侮るなかれ。一般想定以上の750フィルパワーを誇り、都市生活からアウトドアフィールドまでカバーする。


ブラック・ベージュ・イエロー・グリーン・ブルーの5色展開で、イエローが他のダウンでは揃わない特異色として異彩を放っている。


ポケッタブルでコンパクトに収納可能。サイズはXSから4XLまで(XS・XXL・3XL・4XLはオンラインストアのみでの取り扱い)。これ以降、すべてのレギュラーラインの商品がこのサイズレンジとなる。









Lv.2

ヒートテックウォームパデッドジャケット


(※中綿入り)¥5,990


あたたかさ ★★☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆



袖付きになると本格防寒着の面持ちに。レベル2の「ヒートテックウォームパデッドジャケット」は、ダウンではなく、中綿入り(ポリエステル60%・レーヨン40%)。注目すべきは、ナイロンタフタに加えて吸湿発熱の機能綿である「ヒートテック」を採用している点だ。


アンダーウェアや極暖パンツなど、ケミカルなヒートテックの保温力に慣れている大人男子は、ダウンのナチュラルな暖かみよりもこちらが好みかも。


ブラック・ブラウン・オリーブの3色展開で、オリーブはトレンドにズバリの色合い。









Lv.3

リサイクルダウンジャケット


¥7,990


あたたかさ ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆



インナーダウンのヘビーバージョンといったところの「リサイクルダウンジャケット」がレベル3。


軽量な20デニールのタフタを使用し、「RE.UNIQLO」を通して回収されたリサイクルダウン85%・リサイクルフェザー15%を配合。独自システムのリサイクル過程を経るため割高感は否めないが、SDGs意識の高い大人男子は迷わず本モデルをチョイスしよう。


着用したままでのクルマの運転が容易で、スタイリングの応用も効く人気のデザイン。昨年末のコラボ特別コレクション「ユニクロ&ホワイトマウンテニアリング」で登場したダウンもこのミドラータイプだった。グレー・ブラック・ブラウン・オリーブの4色展開。









Lv.4

ウルトラライトダウンジャケット


(3Dカット・ワイドキルト) ¥6,990


あたたかさ ★★★★☆ ☆☆☆☆☆



首元までしっかりとカバーするレベル4の「ウルトラライトダウンジャケット」から、いわゆる「ダウンジャケット」のイメージに近くなる。単品で完成形となる、フィルパワー750のプレミアムダウンだ。


毎シーズンお馴染みのフォルムではあるが、2022年秋冬ではキルト幅が広くなり、幾分リラックスフィットにサイジングが変更されるなど、トレンドを考慮して微細なアップデートが施されている。袖口のテープは内側に起毛加工がされており肌当たりもよい。


単色がブラック・オレンジ・ナチュラル・ブラウン・ネイビーの5色展開。上下バイカラーはトップがブラックで固定されており、半身がブラウン・オリーブ・ブルーの3色展開。ポケッタブル仕様。









Lv.5

ウルトラライトダウンパーカ


(※UNIQLO and JW Anderson) ¥7,990


あたたかさ ★★★★★ ☆☆☆☆☆



レベル4の「ウルトラライトダウンジャケット」にフードがドッキングした「ウルトラライトダウンパーカ」は、今秋冬のコラボ特別コレクションとして発売中の「UNIQLO and JW Anderson(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」からのチョイス。


ポケッタブルでフィルパワー750のスペックは同等だが、本コラボのサイズ感はしっかりフィットでモードな装いにマッチ。レギュラーラインの「ウルトラライトダウンジャケット」よりもワンサイズ小さく感じる。


ブラック・オリーブ・ブルーの3色展開。サイズは本コラボのみ、XSからXXLまで(XS・XL・XXLはオンラインストアのみでの取り扱い)となっている。









Lv.6

ハイブリッドダウンパーカ


(3Dカット) ¥12,900


あたたかさ ★★★★★ ★☆☆☆☆



1万円超え。文化系アウトドアな「ハイブリッドダウンパーカ」がレベル6。ハイブリッドとは、フェザーダウン(前身頃・後身頃・ウエスト上部分)と機能中綿(アーム全体・ウエスト下部分)の両方を棲み分けた保温スペックを指し、超過保温を回避する。


吸湿発熱綿が使用され、裏地にラミネーション加工が施されている。表にキルトが出ないシャープな見た目でファッション性も高いうえ、脇から袖下まで繋がった縫製パターンで両腕が稼働しやすい。


フィルパワー750以上。ブラック・ブラウン・ダークグリーン・ネイビーの4色展開。









Lv.7

シームレスダウンパーカ


3Dカット) ¥14,900


あたたかさ ★★★★★ ★★☆☆☆



こちらは大本命。10段階のレベル7。真冬も安心の「シームレスダウンパーカ」は、文字通りキルトステッチのないシームレス仕様でノーブルな佇まい。


保温力の追求はディテールに顕著。フードの内側と襟ぐりにはクッション襟が、カフスの内側には隠れリブが施され、風雪の侵入を防いでくれる。フリース素材になったポケット内側の袋布も嬉しい配慮だ。


「ユニクロ」としては高額に思えるが、試着すると値段相応であることが一瞬で体感できる。ライトグレー・グレー・ブラック・レッド・ダークグリーン・ネイビーの6色展開で、レッドが特異色。









ここまでで保温力ベスト4位~10位までが登場済み。ここからは上位3モデルとなるミドル丈のアウターを紹介する。「ユニクロ」で重衣料を買うならば、以下の3アイテムから選択しよう。


松本:真冬向け。見るからに暖かそうです。









Lv.8

防風パデッドコート


¥7,990


あたたかさ ★★★★★ ★★★☆☆



中綿100%でレベル8。


ダウンの代替となる「防風パデッドコート」はヒップまで完全に隠れるシルエット。前出の「ハイブリッドダウンパーカ」と同じく、吸湿発熱綿を使用し裏地はラミネーション加工が施されている。


「N3-B」を彷彿とさせるミリタリーテイストで、ブラック・ブラウン・オリーブの3色展開。文化系ミリタリー男子にお勧めの防寒アウターだ。









Lv.9

シームレスダウンコート


¥17,900


あたたかさ ★★★★★ ★★★★☆



寒冷地の「ユニクロ」実店舗で飛ぶように売れているレベル9の「シームレスダウンコート」は、レベル7の「シームレスダウンパーカ」のロング丈バージョン。フロントジップも比翼仕様で防寒面もアップした。


スペックは同等。カジュアルな合わせから、ビジネス用途でスーツの上にも羽織れる万能選手だ。


カラーは実用的に絞られたグレー・ブラック・オリーブ・ネイビーの4色展開。真冬向けアウターで迷ったら、これを買っておけば間違いない。









Lv.10

ウルトラウォームハイブリッドダウンコート


¥17,900


あたたかさ ★★★★★ ★★★★★



2022年秋冬の「ユニクロ」、最暖はこれ!


フェイクファーが見た目にもホットな「ウルトラウォームハイブリッドダウンコート」が、オフィシャルに最暖。膨らみのあるエアテック中綿(ポリエステル48%・ダウン46%・フェザー6%)のハイブリッド構造。フード(ダウン90%・ フェザー10%)はダウンのため、フードを寝かせた状態でも首周りの保温力が高い。


ブラック・ベージュ・ブラウン・オリーブの4色展開。10型の防寒アウターを並べると、最近の「ユニクロ」重衣料は単色ワントーンが主流であることがわかる。大人男子の美意識にフィットするミニマルデザインの「LifeWear」で、おしゃれに冬を乗り越えよう。






アパレル業界において、ダウンジャケットの購入モチベーションは「気温10度」が境界線だと言われている。日中の気温が10度を下回ると、サイズ欠け・色欠け・完売が雪崩のように頻発してしまうのだ。


結局買ってしまうなら早い方がいい。「ユニクロ」ダウン10型の暖かさとデザインを頭に叩き込み、実店舗とオンラインで狙い撃ちだ!




問い合わせ先:
ユニクロ TEL:0120-170-296(年中無休/9:00~17:00)
UNIQLO

Photos: Hiroaki Horiguchi
Model: Yuji Matsumoto
Text: Takafumi Hojoh