第2弾はウィメンズだけ!?


今年の5月20日に発売されて話題を呼んだ、グローバルブランド「UNIQLO(ユニクロ)」のコラボ特別コレクション「UNIQLO and MARNI(ユニクロ アンド マルニ)」に、待望の第2弾が公式アナウンス。





①オーバーサイズダウンコート ¥17,900



シーズンは2022年冬、カテゴリーはウィメンズ、発売日は12月9日(金)だ。ウィメンズといえど、昨今のトレンドであるビッグサイズ志向はファッションコンシャスな特別コレクションでは特に顕著である。


そこで、大人男子が取り入れられそうなアイテムを厳選してみた。参考までにチェックして欲しい。





②オーバーサイズダウンベスト ¥9,990



‟大人男子も着られるウィメンズ”の筆頭が、ボリューミーなコクーンシルエットで形成された「オーバーサイズダウンコート」と「オーバーサイズダウンベスト」。エネルギッシュなバイカラーが印象的な本コラボの中核だ。前立てはウィメンズだが問題なく着用可能。



手描きの格子柄やフラワープリントのインパクトが強かったコラボ第1弾のイメージを踏まえた柄物アウターが、手描きタイル柄のダウンコート。グリーンの1色のみの展開で即完売必至。





③ミックスカラーニットオーバーサイズ


フルジップパーカ ¥5,990



公式ヴィジュアルからビッグサイズであることが判明したメランジ調の「ミックスカラーニットオーバーサイズ」がこちら。男性の着用姿は公式ヴィジュアルから想像するほかないが、かなりのドロップショルダーでひと安心。オンライン限定のXLとXXLのビッグサイズは男女双方からの争奪戦が繰り広げられるはず。





④ヒートテックソックス(2足組) ¥990



ハッピーテイスト全開の「ヒートテックソックス」のサイズ展開のうち、大きめの「25~27cm」はメンズにも展開のあるサイズ区分だ。ルーティンで購入している文化系マルニ男子には朗報だろう。


ちなみに、今冬は全26アイテム(ウィメンズが16・グッズ10)の商品ラインナップだが、公式にはメンズはおろかユニセックスの表記すら避けられている。


いつものようにオンラインでメンズ商品だけを回遊していては、一向に「ユニクロ アンド マルニ」に辿り着かず、リコメンド枠にすら掲出されないことが予想される。特設サイトを中心に注意しつつ臨もう。





⑤ポップコーンニットフードストール ¥2,990



ソックスのほか、ユニセックス(非公式)で使える小物・アクセサリーも各種。頭部を覆わなくても巻ける「ポップコーンニットフードストール」など、ダークトーンに効かせるスパイスとして取り入れたい。


コラボ第2弾について、「MARNI(マルニ)」のクリエイティブディレクターを務めるフランチェスコ・リッソは以下のように語っている。


フランチェスコ・リッソ:色柄は「MARNI」のボキャブラリーの中核であり、私たちの視覚的言語そのものであり、ブランドのイメージを人々に伝え続けるものです。馴染みのあるイメージで遊びつつ、1960年代の美的感覚をもう一度模索し、身体にしっかりとフィットする服にサイケデリックなパターンを乗せることで、プリントと身体が共鳴し合いシルエットそのものも新鮮に見えてくるような効果を生み出すことができました。





⑥ポップコーンニットバラクラバ ¥1,990



最も挑戦しがいのある「バラクラバ」。


ウィメンズトレンドに躍り出ているアクセサリーは初見の大人男子も多いはず。同素材の「ポップコーンニットビーニー(¥1,990)」と「ミックスカラーニットミトングローブ(¥1,990)」も展開されるが、通常の「ユニクロ」ウィメンズでの判例からサイズは小さめ予想。小顔男子でも店頭試着がベストだ。





⑦シルクフロシキスカーフ (各)¥1,990



最後に宿題をひとつ。ハンドペイント風のオリジナルプリントが鮮やかな「フロシキ スカーフ」の使い道は、12月9日(金)の発売日までに考えておくべし。


素材はシルク100%で、本家の「マルニ」に劣らぬ完全なるラグジュアリーアイテムだ。



なお、WEB UOMOでは大人男子を想定した「ユニクロ アンド マルニ」の試着ルポを計画中。


リアルな着用感をチェック予定。乞うご期待!




UNIQLO and MARNI(2022年冬)
発売日:2022年12月9日(金)
販売店舗:国内106店舗・オンラインストア(全商品)
/国内全店舗(一部商品)
商品ラインナップ:ウィメンズ(16)・グッズ(10)
UNIQLO and MARNI スペシャルサイト

Text: Takafumi Hojoh