「+J」の次なる一手は、「マルニ」!


本日4月26日(火)昼、グローバルブランドの「UNIQLO(ユニクロ)」が伊・ミラノ発祥の「MARNI(マルニ)」との初コラボを発表。その3日前の4月23日(土)に突如としてSNSにUPされたティザー動画に、全世界のファッション好きの熱視線が注がれている。


発売日は5月20日(金)。居ても立ってもいられないウオモ編集部員がプレスルームに突撃し、2022年春夏最大級のメガトンコラボ「UNIQLO and MARNI(ユニクロ アンド マルニ)」を試着してきた!



取材陣は、ウオモ本誌アートディレクターの藤村雅史、本誌編集長の池田誠、ウェブ ウオモでお馴染みのY神H條というバラエティ豊かな4人の大人たち。メンズ10型・ウィメンズ9型・グッズ1型のカプセルコレクションから、大人向けアイテムを厳選して前編と後編でお届けする。さあ、試着ルポのトップバッターは?


Y神:藤村さん、お願いします。


藤村AD:まじ?


池田:筋金入りの「マルニ」好きでいらっしゃるので妥当だと思われる。




ユニクロ公式インスタグラムより



こちらが4月23日(土)12時に、ユニクロ日本社とグローバルのインスタグラムにUPされたティザー動画。ツイッターでも同日15時に拡散された。


手描きのチェック柄が3つ、フラワープリントが2つ、本コラボの軸となるオリジナルの意匠が「Commng soon」の文字とともにUPされた。「@asliceofbambi」のタグ付けは「マルニ」の現クリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ・リッソのアカウントだ。



プレスルームはフランチェスコ・リッソらしい色の洪水。ティザー動画で注目を浴びたチェック柄とフラワープリントが載せられたアイテムもある。一心不乱にサンプルを爆速チェックする3人の後ろには、このカオスを取り仕切る編集担当のH條の姿が。


H條:では藤村さん、文化系男子にフィットしそうなアイテムでトータルコーディネートを3ルック組んでいただき、なおかつ試着してみてください。


藤村AD:了解したよ。


池田:なにげにコラボタグがジワる。




photo
photo
prevnext


整然と「MARNI」と「UNIQLO」のネームが並ぶタグに感動。ずらりと並んだ「ユニクロ アンド マルニ」のアイテム群は、前秋冬に第2章のフィナーレを迎えた「+J」のモノトーンスタイルとは世界観が異なる。


そう、黒が存在しないのだ。




photo
photo
prevnext


「ブルー・ネイビー系」のカラーパレットに圧倒されるが、本コラボ「ユニクロ アンド マルニ」は、それら寒色と対を成す「イエロー・カーキ系」の暖色との2本柱。しかも、柄物と無地の2パターン、おおまかに分けて4つのバリエーションがコレクションの根幹を成す。


掲げられた「Timeless essentials, remixed.」のテーマが、魅惑のリミックス感を物語っている。



Y神:では、藤村さん、お願いします。


藤村AD:はーい。


ちなみに藤村アートディレクターの体型は身長175cm・体重65kgの標準的な日本人サイズ。


サンプルはLサイズが中心で、カットソー関連はXLサイズを選択。「ユニクロ」レギュラーラインの肌感覚からすると比較的大きめシルエットのパンツは、すべてLサイズで試着している。サイズは価格の後ろに記してあるのでオンライン購入の参考にして欲しい。






大人のユニクロ アンド マルニ : STYLE①


テーラードジャケット ¥7,990/L


ポケッタブルパーカ ¥4,990/L


ワイドフィットタックパンツ ¥4,990/L



1ルック目は、ジャケットとツータックパンツを組んだ化繊セットアップと、初コラボで印象的なチェック柄が載せられたポケッタブルパーカ。


「ユニクロ」らしい価格設定も魅力で、なんと3点合計で17,970円の衝撃プライス。



藤村AD:自撮りしておこうかな。


ジャケットの表面はフラット。素材は糸からこだわったポリエステル混紡のオリジナルだ。ストレッチ性があり、軽量かつシワになりにくく、汗をかいても洗濯後も乾きやすいドライ機能もプラスされている。


H條:レギュラーラインで人気の「感動ジャケット」にも本コラボと同じような謳い文句があったような気がします。そのカラフルバージョンが「ユニクロ アンド マルニ」でゲットできるなんて感動すぎる。





photo
photo
prevnext


引きと寄りでクリエイティブなビジネスマンにぴったりな仕事着をチェックしよう。


ジャケットには無地のネイビーも存在するが、あえての格子柄チョイス。インナーまでチェック柄の軽量アウターを合わせた「柄on柄」のマッシュアップが、「マルニ」玄人の藤村ADらしいセンスだ。


藤村AD:ウオモの会議ではこのスタイルでもOKかな。色合わせが「マルニ」っぽいよね。



続いて2ルック目はTシャツから吟味。


背面とのコントラストに注目。「マルニ」らしいデザインTシャツは、前面がボーダーと無地で選べる5色柄展開。プライスは大人買い必至の1,990円だ。


H條:TシャツはXSからXXLまでのサイズ展開で、いつものコラボ特別コレクションのように3XLや4XLはありません。そのあたりの体型の男性も殺到するので、XXLはオンライン即完売であると断言できます。






大人のユニクロ アンド マルニ : STYLE②


オープンカラーシャツ ¥2,990/XL


クルーネックT ¥1,990/XL


イージーワイドフィットパンツ ¥3,990/L



2ルック目は清涼感たっぷりの「ユニクロ アンド マルニ」。これは夏が待ちきれない。


パジャマに着想を得たイージーパンツは「オーバーサイズオープンカラーシャツ」と同じコットンポプリン素材。本コラボのオリジナルとなる手描き風のチェック柄が素朴で優し気な雰囲気を醸し出している。




photo
photo
prevnext


ウエストはイージー仕様かつ前あきタイプの二刀流で嬉しい。スピンドル付きでベルトなしでも着用可能という至れり尽くせりのイージーパンツは、リモートスタイルからカジュアル履きまで大活躍間違いなし。


藤村AD:ストンと落ちた太さと丈の長さがイイよね。Lサイズでこれだもの。あれ?


H條:おや?


藤村ADの前方に、謎の人影が現れた!



藤村AD:Y神くんじゃん。どうしたの?


Y神:待ちきれなくて着ちゃいました…。


藤村AD:しかも靴下まで全身で着てる。


ジョインしてきたその人物は、ウェブ ウオモ プロデューサーのY神だった。「ユニクロ」の特別コレクションを追い続けているY神も、コンスエロ・カスティリオーニが1994年にブランド創設した時代を知る生粋の「マルニ」ファン。感激もひとしおのようだ。






大人のユニクロ アンド マルニ : ※Y神


ユーティリティジャケット ¥6,990/XL


ワイドフィットボクシーショーツ ¥2,990/XL


ソックス(2足組) ¥990/25~27cm



身長165cm・体重60kgのY神は小粒ながらボリュームシルエット好き。丈夫なコットンツイル素材でヘビロテ必至の「オーバーサイズユーティリティジャケット」をXLサイズで試着している。セットアップになるパンツはショート丈のみの提案だ。


Y神:ソックスはTシャツのボーダー柄とリンクしているんです。これは「コンビ買い」推奨。合わせると、1+1が3になるようなコーディネートの妙味が…。


藤村AD:それ、6月号の特集じゃん。


Y神のユーティリティジャケットと藤村ADの半袖シャツに共通するデザインに注目。ネイビーのボディにスカイブルーの太番手で縫い付けたステッチが小気味よいアクセントになっている。






大人のユニクロ アンド マルニ : STYLE③


テーラードジャケット ¥7,990/XL


ユーティリティジャケット ¥6,990/L


オープンカラーシャツ ¥2,990/XL


ワイドフィットタックパンツ ¥4,990/L



期待を裏切らないイエロー・カーキ系のカラーパレットで統一した、最終3ルック目の大人コーディネート。ジャケットとパンツは1ルック目のブルーの色違い。Y神着用のジャケットも同じカーキで用意した。


藤村AD:本コラボを楽しむためには、ブルー系とイエロー系の2つのカラーパレットをクリアしないと。ブルーのチェックジャケットにイエローのチェックパンツの合わせも気分次第でありかも。




photo
photo
prevnext


2型のアウターを悩んだ結果、テーラードジャケットをチョイス。カジュアルを避けた大人コーディネートは、上下別売りのセットアップのスーツを2セット購入した想定になる。なんと、試着フェス®並みにガチだった。


藤村AD:色と柄を違えただけで着心地は1ルック目と同じです。パンツと花柄のイエローは、着るとそれほど派手でもなかった。気に入りました。


フラワープリントのオープンカラーシャツの襟はジャケットのラペルと重ね、少々のアウトローなスパイスをトッピング。大人の色気が漂う。



Y神:こちらもどうぞー。


ここで、アウターをY神いち推しのワークジャケットにチェンジしてみる。半袖シャツとチェックパンツはステイし、着回しのバエリエーションでの提案だ。


藤村AD:どれどれ。コットンツイルは素材感がジャケットとまったく違うね。秋まで着られそう。




photo
photo
prevnext


UOMOアートディレクターの藤村雅史、ラスト試着。シャツとアウターともに無鉄砲にオーバーサイズというわけではなく、同サイズで合わせると裾から出る分量まで計算されていることがわかる。


これぞトータルコーディネートの醍醐味。フランチェスコ・リッソの遊び心は大きめのバックポケット、しかも右側のみに込められた。



早期完売必至、「オーバーサイズユーティリティジャケット」のブルーとカーキが揃い踏み。


カラーはもちろんインナーとパンツの違いでここまでスタイルに変化が付けられる。ちなみに、藤村AD(175cm・65kg)とY神(165cm・60kg)はともにXLサイズを着用。サイズ感の参考にして欲しい。


藤村AD:ショーツは迷ったけど、後編のために残しておいたよ。じゃ、後はヨロシク。






大人のユニクロ アンド マルニ : ※池田・本誌編集長


ワイドフィットボクシーショーツ ¥2,990



以上、おしゃれな大人が「全身トータルコーディネート」する「ユニクロ アンド マルニ」最速試着ルポの前編は終了。ラストカットをチラ見するY神。


Y神:むむ。池田編集長もショーツを見ておる。チェック柄なら同じ商品でも同じに見えない…。


近日公開予定の後編では、池田編集長・Y神・H條が単純に着たいアイテムを無我夢中で試着した「怒涛のカジュアル」推し。乞うご期待。




UNIQLO and MARNI
発売日:2022年5月20日(金)
シーズン:2022年春夏
コンセプト:Timeless essentials, remixed.
商品数:全20型/MENS(10) WOMENS(9) グッズ(1)
問い合わせ先:ユニクロお客様窓口 TEL:0120-170-296
UNIQLO and MARNI

Model: Masashi Fujimura
Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh