visvim

チルデンニット ¥324,500

ビズビムのチルデンニット

アートピースに匹敵する
丁寧な手仕事に圧倒される

丸首にVライン、のバランスが斬新なチルデンニット。手編みが生む独特な表情がヴィンテージのようなムードを醸す。ライン部分は複数色もの糸を混ぜ、一点一点、表情の出方にまでこだわっている。ケーブル柄も唯一無二の存在感で、手仕事の美学が詰まった逸品。

ニット¥324,500/ビズビム シャツ¥31,900/ギットマン ブラザーズ フォー シップス(シップス 渋谷店) その他/スタイリスト私物


和田翔太郎さん/スタイリスト
ハンドニットならではの温もりのある佇まい。さすがビズビム…!

井上直哉さん/TOMORROWLAND PR
高いけど、アウター一着を我慢してでも買う価値があります。


HEUGN

ロールネックニット ¥96,800

ユーゲンのロールネックニット

最高級カシミヤを
古着ライクに仕上げたニット

’90年代頃のトラディショナルなニットをベースにデザインされた一枚。カシミヤ素材を贅沢にローゲージで使用しているため、仕上がりが軽くて暖かいのが特徴で、くるんとしたロールネックも今また新鮮なアクセント。リブなしの袖口と裾口も、同じくロールしている。ありそうでないパープルのカラーリングも買いの決め手。大人の遊び心を感じさせる逸品だ。

ニット¥96,800/ユーゲン(イデアス) その他/スタイリスト私物


依田直之さん/絵描き
上質なカシミヤ×ロール感。デザインのアンバランスさが面白い。

渡邉秀嗣さん/バリスタ
素材、着心地、カラー、デザイン、すべてタイプです。


LACOSTE for BEAUTY&YOUTH

ニットポロ ¥26,400

ラコステ フォー ビューティ&ユースのニットポロ

ブランドのアイコニックなモデルを
オーバーサイズにアップデート

B&Y別注のラコステのニットポロ。襟型やワッペンは1933年に誕生して以来変わらない「L1212」のクラシック感をベースに、今っぽくビッグシルエットにアップデート。一枚着るだけで品よく仕上がるミドルゲージニットは、スウェットのようにラフに着こなすのもおすすめ。

ニット¥26,400/ラコステ フォー ビューティ&ユース(ビューティ&ユース 丸の内店) Tシャツ¥3,080/ゴート(ヤギ) その他/スタイリスト私物


坂下智哉さん/フリーランス
身幅、首まわりはかなりゆったりめ。ハイネックを合わせるのもアリ。

逸川 譲さん/学生
ニットとスウェットの中間ぐらいの存在で、汎用性の高さに期待できる!


MAATEE&SONS for Steven Alan

ニットベスト ¥57,200

マーティー アンド サンズ フォー スティーブン アランのニットベスト

心地よいフィット感が最高。
どう着ても正解なニットベスト

ダークホース的に人気を集めたニットベスト。ドライバーズニットをモチーフに、起毛感のあるカシミヤを使用。アームホールの開き具合や程よくフィット感のあるシルエット。ジップの開け具合で表情を変えて楽しむのもアリ。

ベスト¥57,200/マーティー アンド サンズ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン フタコタマガワ) ニット¥28,930/バフィー × シップス(シップス 渋谷店) その他/スタイリスト私物


川辺圭一郎さん/TOMORROWLAND PR
カシミヤの滑らかな肌触りが心地よく、家でもずっと着ていたい。

鬼澤喜行さん/会社員
肌当たりが最高にいい。年をとっても着られる一生もの。


UNUSED

シャツジャケット ¥46,200

アンユーズドのシャツジャケット

浮かずにヴィヴィッドな
オレンジを楽しめるCPOシャツジャケット

ウールシャツには珍しい、ヴィヴィッドなオレンジが目をひき、手に取る人が多かったCPOシャツジャケット。肌当たりがしっとりと滑らかなアルパカ素材で着心地も評判だった一枚は、ウール特有のチクチクが苦手な人にこそ試してほしい。身幅にもかなりゆとりがあるため、中に着込んでアウター的にも使える万能なシャツ。

シャツ¥46,200/アンユーズド(alpha PR) ニット¥68,200/ヘリル(にしのや) その他/スタイリスト私物


三ツ石光輝さん/会社員
シャツとしても、アウターとしてもOKな使い勝手のよさに惹かれる。

嶋田哲也さん/ムロフィス プレスマネージャー
CPO型でオーバーサイズが好み。パーカにざっくりと合わせたい。


OUR LEGACY

シャツジャケット ¥40,700

アワー レガシーのシャツジャケット

おしゃれ好きから熱視線。
注目ブランドのフレンチワーク

ソフトな起毛感のあるモールスキンを使用したシャツジャケット。独特な光沢のソリッドな黒がマッチして、洗練されたフレンチワークスタイルを楽しめる。ボクシーなシルエット&短い着丈がレイヤードにも重宝。ワントーンで合わせれば、より文化系な着こなしに。

シャツジャケット¥40,700/アワー レガシー(エドストローム オフィス) ニット¥45,100/スタジオ ニコルソン(インコントロ) その他/スタイリスト私物


浅野太祐さん/会社員
地厚だけど、滑らかな触り心地とコシのある柔らかさに感動しました。

洒井正博さん/農家
秋口から春先まで、ロングランに使えて最高のコスパ。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuhki Yamamoto 
Hair&Make-up:AMANO 
Stylist:Masashi Sho 
Models:AME  MAKI  Masayuki Kawabata  Yoshiaki Takahashi 
Composition&Text:Sayako Ono