01:WILD THINGS × ARKnets

¥44,500/ARKnets TEL:028-634-1212


肌寒さを感じる季節ほど、雨による水濡れや風による冷えがこたえるもの。今のうちに確かな機能を持ったウェアを用意しておきたい。アークネッツがワイルドシングスに別注したミリタリージャケットは、日本の湿潤な環境に対応する機能素材を採用しており、悪天候でも快適に着こなせる。


本モデルは、1980年代から2000年代初頭まで米軍で採用されていた拡張式寒冷地被服システム、通称ECWCSの第2世代・レベル6に該当する「EXTREME COLD / WET WEATHER JACKET」をベースに、ワイルドシングスの最新テクノロジーを落とし込んで開発された。ボディには耐水性・透湿性・伸縮性・防風性を備えたワイルドシングスオリジナルの3レイヤー素材を採用。細番手の糸で高密度に織り込まれた生地は、マットな質感で高級感を漂わせる。



02:THE NORTH FACE

¥60,500/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター TEL:0120-307-560


なるべく両手をフリーにしておきたいという手ぶら派男子の皆さんに朗報だ。ザ・ノース・フェイスが新しく発表したマタニティプラスコレクションから登場する「CR Storage Jacket(CR ストレージジャケット)」は、ゴアテックスを採用しているうえ収納力抜群。これさえあれば、もうバッグを持ち歩く必要はない。


本モデルの特徴は、フロントとバックで計11個ものアウトポケットを備えている点。それにより、多数の荷物を効率的に収納できるためバッグ要らずなのだ。さらに、防水透湿性に優れたゴアテックス仕様なので、急な雨に降られても安心。ベビーカバーを付属しており、抱っこをする時に子供を包み込めるのも子育て世代には嬉しいところだ。



03:karrimor

¥30,800/karrimor international TEL:03-3221-6883


この秋にヘビロテするアウターを探しているなら、アウトドアブランドのアイテムに注目するといい。フィールドで培ったノウハウを詰め込んだアウターは、都会でも存分に活躍してくれるはず。中でも、カリマーの秋冬コレクションの新作ジャケットは秀逸だ。


数ある新作の中でも特に推したいのが、アーバン ユーティリティ ストレージ バッグ ジャケットだ。その名の通り、都会でも役立つ機能が満載されている。表地は回収された海洋廃棄物の一種であるブイを原料とし、中綿・裏地にはペットボトルからリサイクルされた繊維を採用するなど、機能的なだけでなくサステナビリティにも配慮。防風性を備えているので、肌寒い風が吹く日も安心だ。特徴的なのがフロントの収納式バッグ。身頃内に格納する、または身頃外側に装着するといった2通りの使い方が可能となっている。手ぶらで買い物に行きたい時などには特に役立つはずだ。



Lead text:Tetsu Takasuka