丸メガネを愛して10年
増井岳人さんがラウンドフレーム
微差を比べてみた!


アンティーク調の色味が魅力的

kearny / blake

増井岳人さん・kearny / blake

いつもかけている形に近いけど、質感がヴィンテージ調になるだけで印象も気分も変わる。シルバーともゴールドとも違って落ち着いた雰囲気があるので、もしかしたら秋冬の洋服のほうが似合うのかも。季節で使い分けるのもいいですね

kearny / blake

フロントの厚みがわずか0.75㎜という繊細さだが、素材は丈夫なβチタン。¥39,600/カーニー(ソスト)


クラシックを遊ぶ自己満に浸りたい

Oliver Goldsmith /
CHARLES

増井岳人さん・Oliver Goldsmith / CHARLES

近くで見ないとわからない彫金ってほとんど自己満。だけどかけている側からすれば全然気分が変わる。クラシックを楽しんでいるっていう気持ちになります。それにこの縄手のテンプル、マスクが引っかからなくて意外と便利

Oliver Goldsmith / CHARLES

創業者の2代目が愛用していたものを復刻。¥47,300/オリバー ゴールドスミス(サラディストリビューション)


モダンさで選ぶなら断然これ

BLANC / BM007-L1

増井岳人さん・BLANC / BM007-L1

蝶番やテンプルもすごくシンプルでかけやすいんだけど、よく見るとフロントフレームに白のアクセントが効いている。この工夫があるだけで、合わせる服に幅が生まれる気がします。やっぱり、こういう細部が大事なんですよね

BLANC / BM007-L1

縦に長さのあるラウンド形状がやわらかい印象をつくり出す。チタン製。¥35,200/ブラン


色と素材を比べると…

「色と素材を比べると…」kearny / blake

kearny / blake
いちばんのポイントはこのアンティーク調の色味。服の色もこれに合わせたくなります。

「色と素材を比べると…」Oliver Goldsmith / CHARLES

Oliver Goldsmith /
CHARLES

大人のセンスをアピールできるソリッドな彫金。近づいて初めて気づくさりげなさがいいです。

「色と素材を比べると…」BLANC / BM007-L1

BLANC / BM007-L1
品のいいマットブラックに白のアクセント。実はかなりデザイン性が高い一本ですよね。


ブリッジを比べると…

「ブリッジを比べると…」kearny / blake

kearny / blake
すっきりしているからかけやすい。チタン製ノーズパッドがシャープな印象です。

「ブリッジを比べると…」Oliver Goldsmith / CHARLES

Oliver Goldsmith /
CHARLES

彫金もそうですが、造形もクラシック。他と比較するとその装飾性の高さがわかります。

「ブリッジを比べると…」BLANC / BM007-L1

BLANC / BM007-L1
いい意味で、僕にとってはこの高さと形が普通。日常的にかけやすいデザインです。

大人が選ぶべきトレンドメガネ一覧は
こちら


毎日メガネの彼が試着しました!

宮本哲明さん  MIYAMOTO SPICE 代表

宮本哲明さん / MIYAMOTO SPICE代表

近年、調光レンズが入ったメガネをするように。個性的なものも持つが、フィット感が最優先。

増井岳人さん  彫刻家

増井岳人さん / 彫刻家

実用は主にラウンド型の軽いもの。ほかにさまざまな形を数十本所有するマニアックな一面も。

久戸瀬崇裕さん  TEENY RANCH代表

久戸瀬崇裕さん / TEENY RANCH代表

メガネ歴は長いが、最近はしっくりくるものがなく基本コンタクト。ピンとくる一本を探し中。

福本真士さん  CIAOPANIC TYPY ディレクター

福本真士さん / CIAOPANIC TYPYディレクター

PC業務で目を酷使するため2年前からメガネを着用。小ぶりで存在感のあるタイプが好き。

髙橋義明さん  モデル

髙橋義明さん / モデル

顔の大きさに合わせ、小柄で軽いリムレスに到達。見た目より機能でメガネを選んできた。

小松嘉章さん  スタイリスト

小松嘉章さん / スタイリスト

調光レンズ入りのアヤメがここ数年の定番。内向的な印象にならない見た目を重視している。

石田達也さん

石田達也さん / Steven Alan アシスタントバイヤー

服装のアクセントにメガネを選ぶ。顔とのバランスが合えば、さまざまなタイプに挑戦したい。

津島大地さん

津島大地さん / 会社員

近年メガネ熱が再燃し、コンタクトから乗り換え。黒縁やフレンチ系などデザインで選ぶ派。

佐藤佑樹さん Cale デザイナー

佐藤佑樹さん / Cale デザイナー

リンドバーグの2ポイントを長年愛用。常に同じモデルをかけるため主張が薄いものを好む。

柳 雅幸さん MAIDEN COMPANY プレス

柳 雅幸さん / MAIDEN COMPANY プレス

長年メガネをかけているが、近年は印象づけのためにラウンドかボストンに形を絞っている。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Naoto Usami 
Stylist:Masanori Takahashi 
Text:Jun Namekata[The VOICE]