YUICHI TOYAMA:5 TOKYO

YUICHI TOYAMA:5

「八角形のエッジが視界に入ってうるさいかなと思ったのですが、気になりませんでした。テンプルもしなるためかけ心地がよく、長時間の着用に向いていると思います」(佐藤佑樹)。全パーツにオリジナルデザインを採用し、メガネの産地・福井県鯖江市の職人とともに機能美を追求。フロントやテンプル、パッドには、しなやかで高強度なβチタンを使っている。¥66,000/ユウイチトヤマ(アトリエサンク)


YUICHI TOYAMA:5 / 佐藤佑樹さん Cale デザイナー

佐藤佑樹さん / Cale デザイナー
「多角形はクセが強いから苦手だったけど、これはミニマルな高級感が上回っている」


YUICHI TOYAMA:5 / 柳 雅幸さん MAIDEN COMPANY プレス

柳 雅幸さん / MAIDEN COMPANY プレス
「ラウンドに比べて顔が引き締まって見える適度なエッジ感がいい。繊細な蝶番のディテールもアクセントになっています。きちんとした装いや、正統なアメリカントラッドにも合いそう」

大人が選ぶべきトレンドメガネ一覧は
こちら


毎日メガネの彼らが試着しました!

福本真士さん  CIAOPANIC TYPY ディレクター

福本真士さん / CIAOPANIC TYPYディレクター

PC業務で目を酷使するため2年前からメガネを着用。小ぶりで存在感のあるタイプが好き。

髙橋義明さん  モデル

髙橋義明さん / モデル

顔の大きさに合わせ、小柄で軽いリムレスに到達。見た目より機能でメガネを選んできた。

小松嘉章さん  スタイリスト

小松嘉章さん / スタイリスト

調光レンズ入りのアヤメがここ数年の定番。内向的な印象にならない見た目を重視している。

石田達也さん

石田達也さん / Steven Alan アシスタントバイヤー

服装のアクセントにメガネを選ぶ。顔とのバランスが合えば、さまざまなタイプに挑戦したい。

津島大地さん

津島大地さん / 会社員

近年メガネ熱が再燃し、コンタクトから乗り換え。黒縁やフレンチ系などデザインで選ぶ派。

佐藤佑樹さん Cale デザイナー

佐藤佑樹さん / Cale デザイナー

リンドバーグの2ポイントを長年愛用。常に同じモデルをかけるため主張が薄いものを好む。

柳 雅幸さん MAIDEN COMPANY プレス

柳 雅幸さん / MAIDEN COMPANY プレス

長年メガネをかけているが、近年は印象づけのためにラウンドかボストンに形を絞っている。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Naoto Usami 
Stylist:Masanori Takahashi