重衣料はいらない! 
薄手のレイヤードを主軸に

渡邉秀嗣さん(バリスタ)

渡邉秀嗣さん/バリスタ

10着を選ぶポイント
・色のバリエーションを豊富に用意し、装いに飽きがこないように工夫。
・温度調節に最適なベスト使いがカギ。
・レイヤードに欠かせないニットは何枚あってもいい。
・アウター代わりにビッグサイズのレザーシャツを一枚。
・パンツは濃淡でメリハリをつける。

動きを制限する重衣料をあえて選ばなかった渡邉さん。レイヤード向きの薄手のアイテムを十全に揃え、組み合わせることで、軽快な3月のスタイルに対応した。


▼画像をクリックすると拡大します▼

ARC'TERYXのダウンベスト/CCUのレザーシャツ/MARNIのウールニットベスト/Maison Margielaのカーディガン

1ARC’TERYXのダウンベスト

「最低限の防寒アイテム。軽快な装いで身軽に」
「ベストでスタイリングにひとクセ入れるのが自分流。ニットベストは数枚持っていましたが今季は防寒も兼ねてダウンベストに挑戦」。¥35,200/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)

2CCUのレザーシャツ

「レザーは重く見えないキャメル色」
「肌寒い春先、スエードの温もりある質感がちょうどいい。革は風を通さないので、思いのほか防寒にも役立ちます」。¥67,100/シーシーユー(イーライト) 

3MARNIのウールニットベスト

「タイトなニットベストは重ね着にも重宝します」
愛用しているマルニの乗馬柄ニットベスト。「デニムや軍パンのスタイリングが男っぽすぎるとき、かわいさを足せるので重宝します。長めの丈を選ぶ人が多いですが、僕はトップスをコンパクトにしたいので短め派」。

4Maison Margielaのカーディガン

「はおりとして使える上質で万能なカーディガンが一着必要」
マルジェラのウールカーディガンは冬から継続して活躍中。「肌寒い日に備えたレイヤード用なので、どんな服にも合うブラックがベスト。シンプルで上品、とにかく万能」。


▼画像をクリックすると拡大します▼

MAATEE&SONSのカラーシャツ/Maison Margielaのスウェット/Cristaseyaのコットンニット

5MAATEE&SONSのカラーシャツ

「春らしいアクセントにフレッシュなイエローを」
「カラーシャツは、3月ならレイヤードできかせて、暖かくなったら一枚で主役に着たい。オレンジと迷いつつ手持ちに映えるイエローに決定」。¥39,600/マーティー アンド サンズ(フィギュアインク ショールーム)

6Maison Margielaのスウェット

「定番アイテムこそ色で変化を出す」
「グリーンのスウェットはヘビロテ要員。定番色のように守りに入らず、かといって主張しすぎないので調子がいいです。マルジェラのスウェットはやや首が詰まっていて、アームが太すぎないバランスも秀逸」。

7Cristaseyaのコットンニット

「肌寒い日に肉厚なコットンニットを」
「上品さのあるコットンニットも必要。肌寒い日を見越して厚手のものがいいですね。クリスタセヤのネイビーのニットは、一見、普通ですが一枚できまる洗練されたデザイン」。


▼画像をクリックすると拡大します▼

PHIPPSのフレアデニム/DRIES VAN NOTENのミリタリーパンツ/Wranglerのヒッコリーパンツ

8PHIPPSのフレアデニム

「リジッドデニムはシルエットで勝負」
パンツの色は、濃い・中間色・淡い、の3本を用意するのが理想。「まずダークトーンでラフに見えない一本としてフィップスのリジッドデニムを。程よいフレアなら、悪目立ちせず旬のムードではけます」。

9DRIES VAN NOTENのミリタリーパンツ

「一本できまるデザイン性が魅力」
「このパンツはリフレクションや生地の切り返しなど随所にデザインがきいているのがうれしい。薄着&シンプルになっていくシーズンなのでこれ一本で主役になれるパンツがあると安心」。土くさくならないようトップスには明るいカラーを取り入れるように意識。

10Wranglerのヒッコリーパンツ

「淡色ヒッコリーが春先にちょうどいい」
思った以上に着回しに便利なハイウォッシュデニム。「スタイリングを軽く仕上げたいとき、淡いカラーのパンツが活躍します。さりげないヒッコリー柄で、すんなり馴染むのがポイント」。


3 + 4 + 8
「真面目なカーディガンに遊びのベスト」

【おしゃれな大人が選ぶ春の10着】「春はあえてガチアウターなしで過ごす」渡邉秀嗣さん(バリスタ)の場合 2

「肌寒い日は、マルニのニットベストの上に、メゾン マルジェラのウールカーディガンをはおって念入りに防寒。柄モノを一点取り入れれば軽さが出ます。タフな印象のリジッドデニムを合わせてかわいくなりすぎないように中和させたい」。コンパクトで短めのニットベストと、フレアのデニムでつくったAラインがシック。


1 + 6 + 10
「ダウンベスト×スウェットのレイヤードで寒さを乗り切る」

【おしゃれな大人が選ぶ春の10着】「春はあえてガチアウターなしで過ごす」渡邉秀嗣さん(バリスタ)の場合 1

今季投入したアークテリクスのダウンベストを主役に。「防寒性は抜群ながらも、着膨れしない絶妙な厚さで、スウェットの上にはおってもきれいなシルエットをキープできるのがうれしい。あえてジャストサイズで着るのが自分流」。中間色で軽やかにまとめて。


1 + 5 + 9
「寒暖差のある一日のカラーシャツスタイル」

【おしゃれな大人が選ぶ春の10着】「春はあえてガチアウターなしで過ごす」渡邉秀嗣さん(バリスタ)の場合 3

気温差のある一日にもダウンベストが大活躍。「暖かい日中は、鮮やかなイエローのシャツと武骨なミリタリーパンツで旬なスタイルを満喫。陽の落ちた夕方以降はダウンベストをはおって防寒を。イエローとカーキでつくるグラデーションも春らしくて気分です」。


2 + 6 + 9
「レザーシャツをライトアウター感覚で」

【おしゃれな大人が選ぶ春の10着】「春はあえてガチアウターなしで過ごす」渡邉秀嗣さん(バリスタ)の場合 4

「CCUのレザーシャツは何かと優秀。ビッグサイズでスウェットの上からガバッとはおれるゆとりがある。風も通さないから3月の寒波も案外へっちゃら」。カジュアルなスタイルに重ねるだけで大人っぽさも加わる。


5 + 7 + 10
「変わりやすい3月の気温にはコットンニットが最高に使える」

【おしゃれな大人が選ぶ春の10着】「春はあえてガチアウターなしで過ごす」渡邉秀嗣さん(バリスタ)の場合 5

「ローゲージのコットンニットはウールと比べて熱がこもりにくいので室内でも快適に過ごしやすい。それでいて厚手なので、ちょっと肌寒い日にも対応可能」。インナーにはイエローのシャツを差して、スポーティなスタイルに。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita
Stylist:Masashi Sho