前編)のつづき。


2021年を締めくくる「UNIQLO(ユニクロ)」の特別コレクション「UNIQLO and JW ANDERSON(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」の2021年秋冬最新作が、いよいよ今週末の12月3日(金)に発売される。


それに先駆けて、スタイリスト3人がプレスルームでどこよりも早く試着ルポ。購入の参考になる即席カジュアルコーディネートを組んでもらった。



⑩クッション (各)¥1,990


⑪ブランケット ¥3,990



プレスルームには、年末のフェスティブシーズンを盛り上げるアイテムが勢揃い。発売済みの「ユニクロ ユー」や「+J」、「ホワイトマウンテニアリング」コラボでは黒やネイビーを基調としたミニマルデザインが多かったが、「ユニクロ アンド JW アンダーソン」の今秋冬は、テイストの違うカジュアル路線のようだ。


ロイヤルタータンチェック柄の「クッション」や「ブランケット」はグリーン系と赤系を用意。家族や友人間でのギフト需要も取り込みそう。



スタイリスト庄将司:時は来た。


スタイリスト瓜坂拓海:はい。


登場するスタイリストは、左から瓜坂拓海(うりさかたくみ)と庄将司(しょうまさし)。前編では井田正明(いだまさあき)が中心だったスタイリング対決(!?)だが、後編は庄と瓜坂の2人がメインとなる。


各スタイリストが提案する大人カジュアルを購入の参考にしよう。さあ、後半戦の始まりだ。



⑫ヒートテックデオドラントカラーブロックソックス (各)¥590



庄将司が手持ちしたソックスがこちら。


愛らしいカラーブロックと“JWA”のイニシャルがカジュアル感満載。アイテム名にあるように、「ヒートテック」素材で暖かく「デオドラント」の消臭機能まで期待できる秋冬用ソックスだ。まとめ買い推奨。





STYLE SAMPLE③:庄将司



⑬オーバーサイズラガーシャツ ¥2,990


⑭ニットトラックパンツ ¥3,990



スタイリスト庄将司による大人男子へのコーディネート提案、1ルック目は超シンプル。


ジョナサン・アンダーソンの思い入れが深いアイテムが、こちらのラガーシャツ。実父のウィリー・アンダーソンはプロのラグビー選手で、引退後にアイルランド代表チームのコーチを務めていた人物。ラガーシャツは故郷や家族との思い出とともにあるのだ。



:このラガーシャツにジーンズを合わせるとあまりにもスポーツ過ぎるので、リブ付きニットパンツを選びました。大人っぽく演出したいところです。


パンツの裾の処理にスタイリストらしい小ワザが光る。裾をソックスにラフにインしてボトムにもポイントを置く。ワラビーブーツとのバランス感も絶妙。



⑮ヒートテックデオドラントチェックソックス (各)¥590



ボトムのスタイリングにフォーカス。


ニットパンツとソックスが馴染んでいるが、これは双方のネイビーを抽出して組んだコーディネートゆえ。大人カジュアルだからこそ、大雑把になり過ぎずに、小物の色選びまで細かく突き詰めたい。


:緩いボトムの靴下インは、自転車やクルマの運転もラクなのでお勧め。ソックスは単品で590円ですが、2点で990円。3点目以降は495円になります。





STYLE SAMPLE④:庄将司



⑯ボアフリースフルジップブルゾン ¥4,990


⑰カシミヤリブビーニー ¥3,990



先のラガーシャツのルックを軸にした、スタイリスト庄将司による2ルック目がこちら。右端の「ブランケット」はホルダー付きでの販売となる。


アイテムから想像するに、人気確実の「ボアフリースフルジップブルゾン」を使用したネイビーコーディネートになるようだ。前編で既出の「カシミヤマフラー」(¥5,990)と「カシミヤグローブ」(¥3,990)に「カシミヤリブビーニー」を含め、カシミヤ小物3アイテムも採用。



身長175cm・体重66kgの庄でLサイズを着用。小物は3点、色合わせするかと思いきや…。


:3色とも素敵な色なので欲張って全部取り入れてみました。大人なので。


なんと、3色展開の小物を3アイテム、しかも3つそれぞれの色が異なるチョイス。これは挑戦的!



:ラガーシャツのグレーの延長線上で手袋もグレー、マフラーはインパクトのあるアクセント使い、全体のネイビートーンでニット帽もネイビーを選んで締める。“文化系アウトドア男子”っぽいですかね。


立てたラガーシャツの襟越しにマフラーを巻くなど、スタイリストならではの繊細なニュアンスの付け方にも注目して欲しい。そのまま着ると休日のアウトドアマンになるところ、その一歩先を目指そう。


スタイリスト井田正明:庄くん、おつかれさまでした。ラストバッターは瓜坂くんかな?



井田:今、どういう気持ち?


瓜坂:ネイビーの発色が花紺に近くて、絵本のような雰囲気に合っていますね。


突然、スタイリスト井田正明が乱入。瓜坂に「ベンジャミン・バニー™スウェットシャツ」(¥3,990)を勧めている。100%コットン素材で、裏地は起毛ではなく編地。オールシーズン着られるスウェットだ。


Y神:ちなみにスウェットシャツがイトコのベンジャミンさんで、Tシャツのほうがピーターラビットはんなのでお間違えなきよう。ベンジャミンさんはピーターはんの妹のフロプシーと結婚してます。子だくさん。



⑱ピーターラビット™オーバーサイズTシャツ ¥1,990



フロントにピーターラビットを大胆にプリントした半袖Tシャツは黒ベース。縫製のロックミシンをホワイトにしてカジュアルな印象が増している。


瓜坂:ピーターラビットがチラ見えしてますけど、スタイリングのアクセントになりそうで面白いですね。まるで開けると飛び出す絵本のような。


Y神:いかにも。





STYLE SAMPLE⑤:瓜坂拓海



⑲パデッドコーチジャケット ¥7,990


⑳フランネルシャツ(UNISEX)¥2,990


㉑コンビネーションパジャマ ¥3,990



スタイリスト瓜坂拓海による大人男子へのカジュアルコーディネート提案がこちら。「カシミヤマフラー」(¥5,990)は前編で、「ニットトラックパンツ」(¥3,990)は庄のコーディネートで既出。


「フランネルシャツ」はトップスのみのユニセックスでXXLサイズまでの展開。前編で井田が用いたユニセックスの「フランネルパンツ」(¥1,990)と別売りのセットアップになる。小柄な男性にお勧めだ。


井田:僕と庄くんのスタイリングで使用したアイテムのバリエーションをうまく取り入れているね。今秋冬では数少ないアウターであるコーチジャケットの上品な合わせ方に好感が持てます…って、あれ??



:ピーターラビット、使ってないじゃん。


井田:でも、瓜坂くんらしい。


瓜坂:ニットのリブパンツにラウンジウェアのチェックシャツを合わせて、本コラボのテーマでもあるリラックスウィークエンドを意識してみました。外に出るときはこの上にキルティングのブルゾンを羽織って、オン・オフどちらにも振れる大人カジュアルです。


最年少の瓜坂拓海、暖色のコーチジャケットを中心に、井田と庄とはタイプの違う“文化系スポーツ男子”のスタイルを披露。先の2人と被っているアイテムの着回しなど、参考にして欲しい。



身長175cm・体重58kgの瘦せ型の瓜坂で、Lサイズを着用。若干、肩が落ちる程度だ。


:結局、ピーターラビットの代わりにインナーにはどのアイテムを組んだの?


瓜坂:井田さんを参考に、「コンビネーションパジャマ」のトップス使いです。白Tシャツの代わりにしようと思ったのですが、袖の切り替えが可愛い。首回りもしっかりしているので、パジャマで終わらせるのがもったいないですね。対のボトムは袖のチェック柄です。


Y神:じゃあ、集合写真を撮りましょう。



スタイリスト井田正明、庄将司、瓜坂拓海の3人による「ユニクロ アンド JW アンダーソン」秋冬コーディネートが揃い踏み。3人とも1万円台のリーズナブルな価格帯で、物入りな年末年始に嬉しい限りだ。


:やっぱりさ、ピーターラビットを大人にスタイリングしてみたくなっちゃうよね。


Y神:ん? ちなみにTシャツがピーターラビットはんで、スウェットシャツがベンジャミンさんです。



これぞ、「大人のユニクロ」!


ラストはスタイリスト3人でY神パイセンをスタイリング。パンツの裾の処理は庄のアレンジだ。


さあ、今年を締めくくるラストコラボ「ユニクロ アンド JW アンダーソン」2021年秋冬は12月3日(金)発売。ハッピームード全開で師走を迎えよう。




UNIQLO and JW ANDERSON 2021年秋冬コレクション
発売日:2021年12月3日(金)
商品展開:WOMEN(12), MEN(10), UNISEX(2), グッズ(7)
UNIQLO and JW ANDERSON

Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh