新井伸吾さん /
BEAMS メンズカジュアル バイヤー


年齢と経験を重ねたことでアメカジの可能性が広がった

これまで
POLO RALPH LAUREN for BEAMSのドリズラージャケット

小さい頃からずっと着ているポロ ラルフ ローレンのドリズラージャケット。いつも白Tにこれをはおって、ボトムはジーンズかチノパン。ファッションを強く意識する前から着ていた、僕のルーツのようなアイテムです。今までいろんなアメカジアイテムを着てきたけど、結局戻ってくるのはいつもここ。着ても着なくても必ずワードローブにあるアイテムですね。


これから
BIRKENSTOCKのボストン

今までは足元には必ずと言っていいほどスニーカーを合わせていた僕ですが、最近になってようやく別の選択肢が浮上。それがビルケンシュトックのボストンです。例えばドリズラージャケットにビルケンシュトックって、直球すぎて若い頃はうまく着こなせなかった。見よう見まねというか…モノにできている実感がなくて、いつも「自分にはまだ早い」って思っていたんです。それが最近ようやくしっくりくるようになった。年齢と経験を重ねたことで、ついに僕にもこれを履く資格が与えられたんだと思います。

¥18,700/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら



Photos:Yoshio Kato 
Stylist:Atsuo Izumi 
Text:Jun Namekata[The VOICE]