ベースボールシャツは観戦用にあらず
大人にだけ与えられた日常着にする資格

中途半端に本物を真似たデザインじゃないガチなゲームシャツを普段着にする。渋さの増した年齢になったからこそ許されるコーディネートだ。F.C.R.B.とMLB™のコラボコレクションは同色のパーカに重ねることで嫌みなく着られる。ヤンキースロゴがファッションとして正解だ。変型コーデュロイパンツに合わせたブーツは「ポストマン・ロメオ」。これもオリジナルながら今っぽい。

ベースボールシャツ¥20,900/F.C.Real Bristol×MLB™(SOPH.) ジップアップパーカ¥3,990/ギャップ(Gap新宿フラッグス店) パンツ¥47,300/オーベット(ラウムス) ソックス¥3,740/パンセレラ(真下商事) ブーツ¥38,500/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン) Tシャツ/私物


古着じゃ満足できない
古着風モードの贅沢を味わう

若い頃はいい感じの古着を探し求めて時間を使ったが今はその「いい感じ」をモードなブランドで見つけたときが幸せだ。マルニのミドル丈ジャケットはすでに着込んだようなふわふわした肌触りのレトロチェック。丸みのあるフォルムや上品なボタン使いなど古着では到底味わえない、ラグジュアリーな気持ちになれる。インナーには真逆の硬質なナイロンアノラックを。過剰な高機能素材より、このくらい素っ気ない生地のほうが温かみのあるジャケットと馴染みがいい。

ジャケット¥247,500/マルニ(マルニ ジャパン クライアントサービス) アノラック¥52,800/バテンウェア(アリガインターナショナル) フリースパンツ¥20,900/セダン オールパーパス バッグ/私物


冷たい色合いで美しくまとう
ワークウェアの新作法を知る

今季のイチオシカラーはグリーン。それもミリタリー風のオリーブよりも、ヘルシーなボタニカル寄りのアイビーグリーンだ。そんな旬の色を採用したカバーオールはウール調の軽量ポリエステル生地で軽やか。首元にアクセントでアイスブルーを効かせれば、ワークウェア特有の男くささが抜けナチュラルで健康的なスタイルに。

カバーオール¥44,000/エンジニアド ガーメンツ ニット¥88,000/ギャルリー ヴィー(ギャルリー ヴィー 丸の内店) ジーンズ¥58,300/クリスタセヤ(ビオトープ) マフラー¥62,700/ジョシュア・エリス(グリニッジ ショールーム) シューズ¥46,200/パドモア&バーンズ フォー トゥモローランド(トゥモローランド) その他/私物


グレーのノルディックニットは
雪山より東京の暮らしが似合う

無地のハイゲージニットに食傷気味ならレトロ回帰、ざっくりとしたローゲージのノルディックニットを。多色使いは不安だからあくまでグレーベースのシックな色合いを選ぶべき。これはかなり大きめの作りながら、重厚さのない甘めのニッティングで肩が凝らない。ジーンズまでグレートーンのコーディネートは白銀の世界よりもビルの林立する都会にふさわしい。

ニット¥75,900/コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(コム デ ギャルソン) シャツ¥27,500/ジェームス モルティマー(グラストンベリーショールーム) ジーンズ¥26,400/リノ(グッドスタンディング) スニーカー¥11,000/ナイキ スポーツウエア(A+S) ソックス¥3,740/パンセレラ(真下商事) その他/私物


カレッジロゴスウェットもいいけど
カレッジ風ロゴニットがシックだ

主張の強いブランドロゴのある服は基本苦手だけど、若々しいカレッジテイストのロゴなら話は別。中途半端なものより、振り切って大きいロゴのほうがチャーミングだ。この手の服はスウェットが鉄板だが、パレス スケートボードの一着は珍しいリブニット。無地だとマッチョな印象になりやすいから、むしろロゴは好都合。柔らかなヘンプの白ペインターパンツとのモノトーンコーディネートが嫌みなくサマになる。

ニット¥23,100/パレス スケートボード(パレス スケートボード 東京) パンツ¥48,400/カル ヴィンテージの時計¥275,000/コンティニュエ エクストラ スペース バックパック¥44,000/モノリス カバーオール¥44,000/エンジニアド ガーメンツ その他/私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Mitsuo Okamoto 
Hair:KOTARO[SENSE OF HUMOUR] 
Stylist:Junichi Nishimata 
Models:Akira Uesugi Seima Matsuzaka