なんと、定番人気の「トッズ」の「タブズ スニーカー」が「エンダースキーマ」のヌメ革になった!


既報の通り、大人男子に支持されるイタリア発祥のラグジュアリーブランド「TOD’S(トッズ)」と、日本が誇る高感度な革靴&革小物ブランドの「Hender Scheme(エンダースキーマ)」が初コラボ。


魅惑の「Hender Scheme×Tod’s(エンダースキーマ×トッズ)」が9月28日(火)に発売される。その一週間前となる9月22日(水)、ミラノ・ファッション・ウィーク中にミラノ中心部にあるセレクトショップのディエチ・コルソ・コモで、その全貌が世界に向けて初披露された。




①マキシ ペブル レースアップブーツ ¥174,900



速報時に波紋を呼んだ巨大ぺブルソール。


引いた絵は、やはりシューズだった。世界規模の争奪戦予想はミラノコレクションを取材中の各国業界人の間でも話題になっている。「エンダースキーマ」の祖国・日本としても、今のうちにオフィシャル画像の奥の仕様や裏のディテールまで細かく知っておきたい。


ということで、「トッズ」のプレスルームで激写した画像を一挙出し。大人男子にお勧めのコラボアイテムを、オフィシャル画像を補足しつつチェックしよう。



©Tod’s



こちらが、上質なカーフレザーを使用したミドルカットのウィングチップブーツ「マキシ ペブル レースアップブーツ」の公式画像だ。横から巨大ぺブルソールの輪郭が垣間見えるが、まるで宙に浮いているよう。


グリップが効くぺブルの利点がそのままドライビングシューズのアイコンディテールとして昇華していたが、本コラボでは「エンダースキーマ」デザイナーの柏崎亮が巧みの職人技と遊び心を盛り込んで独自の境地に到達。イタリアの職人と幾度のやりとりの末に完成した、真の意味で唯一無二のデザインブーツなのだ。



取材時のプレスルームには、お披露目を待つコラボシューズと革小物たちで賑わっていた。異素材ミックスのモカシンやチューリップハットなども散見。


本コラボの製作スパンはアプローチから約3年、柏崎がマルケとミラノの本社や工房見学をしてから丸2年。コロナ禍における海外折衝仕事の難易度と醍醐味は、ビジネスマンならば身に染みてわかるはず。




②トッズ タブズ スニーカー ¥80,300



©Tod’s



冒頭で紹介した「タブズ スニーカー」の公式画像がこちら。即完売必至のマストバイスニーカーだ。


ちなみにタブズ(Tabs)とは英・ケンブリッジ大学の学生の愛称。アイコニックなヌメ革を使用したスニーカーは、本コラボを語るうえで象徴的なプロダクトと言える。他色にブラックとホワイトもあり。



ゴートスエードとカーフを組み合わせた、「ライトスキンベージュ・ライトベージュ・バケッタブラウン」3色コンビの“美味しい”カラーリングをご覧あれ。


隣に置かれた同じ配色の革小物にも注目。




③トリフォールド ウォレット ¥47,300



このチビ加減、きっとイタリアでは新鮮!


札入れ・小銭入れ・カード入れがコンパクトにまとまった人気のミニ財布「トリフォールド ウォレット」は「エンダースキーマ」の定番モデル。スニーカーと同じカラーリングを2色のカーフで表現している。


ブランドロゴが折り重なる「トッズ」とのダブルネームは内側にあり、持ち主にしかわからないのだ。




④タッセル サボ ゴンミーニ ¥86,900



©Tod’s



イタリアらしい陽気なネオンカラーに彩られた上品ミュールがこちら。ブラウンとボルドーの配色コンビやキャンディーピンク、ダークデイジーイエローなど、ショールーム画像の隅に映っていたシューズだ。


「トッズ」の主力シューズであるゴンミーニの名を冠した「タッセル サボ ゴンミーニ」は、スポンジ入りの中敷きで街履きとしてヘビロテ可能。質実剛健ぶりは「エンダースキーマ」の専売特許でもある。



裏返し。ぺブルはエンボスで表現されていた。


カーフスエードと型押しカーフの贅沢なコンビは、ラフなワンマイルサンダルとは一線を画す。秋冬コーディネートのポイントとして視線を浴びそう。




⑤マキシ ペブル タッセル モカシン ¥124,300



大人男子へのトドメの一足がこちら。


「トッズ」の工房で定番的扱いのエンボスレザー・スムースレザー・スウェードの3種を組み合わせて、巨大ぺブルソールまで装備した「マキシ ペブル タッセル モカシン」がラスボス的存在感を醸し出している。ビジネススーツとの玄人スタイリングも一興だろう。


そして、なんと…。




⑥トレンチコート ¥281,600



©Tod’s



本コラボ「エンダースキーマ×トッズ」では、シューズと革小物に匹敵するほどに、ウェアも多数ラインナップしている。嬉しすぎる悲鳴がイタリアと日本の各地から聞こえてきそうなほどの充実ぶりなのだ。


柏崎がパーツ毎の配色を意識したという「トレンチコート」がその筆頭。表地と裏地、ともにコットン100%。カラーは写真のミディアム ロープブラウンとグリーンがかったカーキの2色展開。「エンダースキーマ」のウェアを購入したことのある者にとっては常識だが、ディテールへのこだわりはシューズ並みに半端ない。



ルポ撮影にて膝下ロング丈と判明。


腰ベルトには、ウィングチップシューズの特徴であるメダリオンのモチーフが刻まれた。心躍る空気感は、暗雲漂うロンドンスタルよりも、イタリアと東京のデザイナーズアパレルが混ざり合ったムードに近いかも。


首元のスロートベルトは2色付き、右肩のガンパッチと腰ベルトは、本革好きにはたまらない匂い立つ茶系のバリエーションだ。着流しスタイルも映えるが、ネックを立ててすべてのボタンとベルトを締めると、本コラボの配色の妙味を一層深く味わえるだろう。




⑦トラックスーツ ジャケット ¥105,600
 ⑧トラックスーツ パンツ ¥72,600



リラックスできる“文化系スポーツウェア”も用意。“TOD’S”のロゴが施されたコットン100%のトラックスーツは上下別売りのセットアップで揃う。


ラグジュアリーなリモート勤務スタイルは約束されたようなもの。実は本コラボでのロゴ入りアイテムは意外と少ない。上質を見極める大人男子に、「エンダースキーマ×トッズ」がフィットする理由でもある。




⑨デニム パンツ ¥86,900



©Tod’s



一転して、ロゴ入りレザーパッチが三連で主張するデニムを公式画像で発見した。マストバイ中のマストバイ、ワンウォッシュの「デニムパンツ」は1型のみ。価格も本コラボの中では比較的狙い目なのだ。


どうしても、フロント画像が見たい!



正面がこちら。定番的な5ポケットではなく、ワークパンツ風のフロントポケットが印象的なワイドストレート。ドーナツボタンには“TOD’S”の刻印入り。


どうしても、ヒップの革パッチが見たい!



ヒップパッチには“MADE IN ITALY”の矜持が記された。ポケットから垂れ下がった付属品のようなレザーパッチは量産型ジーンズに見られる紙製フラッシャーを模したユニークデザイン。「TOD’S」と「Hender Scheme」のブランド名が縦横で配置されている。


両屋号の配置ロゴは、首後ろのネームのほか、靴箱や小物箱にしか見られない意匠なのだ。しつけ糸のみだが、外さずに着用して問題ないとの公式見解。イタリア気質なら潔く捨ててしまいそうでもある。


以上、玄人好みの「エンダースキーマ×トッズ」から、シューズ・革小物・ウェアを大人男子向けに厳選してみた。本稿を参考に購入計画を立てて欲しい。



新クリエイティブ・ディレクターのヴァルター・キアッポーニが担い手となりリニューアルを遂げつつある「トッズ」と、高感度なシューズと革小物を取り扱う誇り高き日本ブランドの「エンダースキーマ」、まさに地球の西と東、双方の自由な感性がここに邂逅した。


発売日は9月28日。取扱いは「トッズ」と「エンダースキーマ」の国内旗艦店と各オンラインストア、ドーバー ストリート マーケット ギンザなど。10月は百貨店内で催されるポップアップでも購入チャンスがある。


2021年秋冬シーズンは開幕から景気がよさげだ。エッジが効いた珠玉のコラボ「エンダースキーマ×トッズ」でロケットスタートを切ろう。




トッズ ファクトリー プロジェクト第4弾:Hender Scheme×Tod’s
発売日:(日本時間)2021年9月28日(火)
販売店舗:トッズ 銀座、スキマ恵比寿、各公式オンラインストア、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、期間限定ポップアップ他
問い合わせ先:トッズ・ジャパン TEL:0120-102-578

期間限定ポップアップ
▼10月6日~12日:阪急メンズ大阪1階メインステージ
▼10月20日~26日:伊勢丹新宿店本館2階婦人靴/プロモーション
▼10月20日~11月2日:伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴

Tods.com

Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh